« 流行語大賞候補 2019 | トップページ | 「男はつらいよ」CG版 »

2019年11月 7日 (木)

「方位の考古学」によって明らかにされる本当の日本の歴史

「方位の考古学」によって,本当の日本の歴史が明らかにされる。

九州王朝が隋の設計思想に倣って6世紀末~7世紀初頭に正方位としたとすると,

初代・武蔵国分寺もそうだということだ。

741年の「国分寺建立の詔」より100年以上前のこととなる。

そして,東山道武蔵路は土器編年を「方位の考古学」で100年遡らせて

6世紀第3四半期ということだ。

順番に並べ替えると,

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

551~575年頃,東山道武蔵路が作られる。

590~610年頃,初代・武蔵国分寺(正方位)が作られ始める。

  ※ 戦争が近づき,工事が途中でストップした可能性もあり。

そして,663年,白村江の戦いで敗北。

700・701年,九州王朝と近畿王朝のONライン(王朝の交代)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということになる。

通説の年代とはまったく違う歴史が,

「方位の考古学」によって明らかにされることになる。

« 流行語大賞候補 2019 | トップページ | 「男はつらいよ」CG版 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 流行語大賞候補 2019 | トップページ | 「男はつらいよ」CG版 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ