« ビャンビャン麺の「ビャン」は58画 | トップページ | 「淵の森緑地」そうじ隊 »

2019年11月26日 (火)

泉官衙遺跡の現地説明会の資料(1)

11月16日(土)に泉官衙遺跡の現地説明会が行われるということで,

当日行けない私は資料の郵送をお願いしていた。

ところが忙しいのか,まだ送られてきていない。

そこで先ほど電話で博物館に問い合わせしたところ,

説明会は実施されたとのこと。

資料については,調べて連絡してくれるという話だった。(午前10時)

Img_5118_20191126101501

(南相馬市博物館)

 

« ビャンビャン麺の「ビャン」は58画 | トップページ | 「淵の森緑地」そうじ隊 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 ネット検索すると、今回説明会があったのは正倉院を取り囲む溝と柵のところ。その説明会の様子を報じた「河北新報」の記事がありました。
 https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201911/20191118_63015.html
 これによると耳よりの情報が。
 「租税のコメを収納した正倉を囲む溝や塀の跡が見つかった。焼けたコメの痕跡もあった。区画には幾棟もの正倉があったとみられる。
 市教委は、正倉を囲む溝は幅3.88メートル、深さ約0.80メートル。東西に約200メートル、南北に約140メートルの長さで掘られていたとみている。溝の内側には塀を建てた穴が見つかった。
 焼けたコメの痕跡は、平安時代に編さんされた「続日本紀」に記載のある2万5400石が焼失したという火災との関連を調べる。
 これらの痕跡を覆う土を観察すると、津波や洪水などによって一気に埋没した可能性があるといい、市教委は「貞観地震(869年)の津波などとの関連を分析したい」としている。」

 ついに津波で一気に埋没した痕跡を見つけたかも。
 現地説明会の資料が待たれますね。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  ついに津波で一気に埋没した痕跡を見つけたかも。
 現地説明会の資料が待たれますね。

情報ありがとうございます。
河北新報の記事もアップしたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ビャンビャン麺の「ビャン」は58画 | トップページ | 「淵の森緑地」そうじ隊 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ