« 研究することの楽しさと厳しさ | トップページ | 男バレの試合は,第5試合 »

2019年11月10日 (日)

AMS法について

放射性炭素であるC14を使った,より精度の高い方法ができているようだ。

それについて,昨日も藤尾講演で出てきていたので,学んでおこう。

【AMS法】

https://www.radiocarbon.com/jp/accelerator-mass-spectrometry.htm

昨日の藤尾講演では,β法とこのように比較されていた。

Img_5291_20191110050501

(クリックすると拡大します)

誤差が±20~30年なんて,従来のβ法の±60~100年と比べて,

格段に少ないようだ。(マイナス面はあるのか知りたい)

また,かかる時間もサンプル量もより少なくてOK。

ぜひこの方法を考古学に取り入れて,研究を進めてほしい。

« 研究することの楽しさと厳しさ | トップページ | 男バレの試合は,第5試合 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 研究することの楽しさと厳しさ | トップページ | 男バレの試合は,第5試合 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ