« 『望郷の丘』~盲人会が遺した多磨全生園の歴史 | トップページ | 蚊取り線香 »

2019年10月 5日 (土)

映画「“樹木希林”を生きる」

昨日立川の高島屋8階にある映画館(少人数の部屋が3津ある。新所沢レッツ館みたい)で,

上記の作品を観てきた。

NHKの若いディレクターが,晩年出演の4つの映画撮影に同行して,

それをまとめたものだ。

なかなか編集方針が打ち出せず,樹木希林もやきもきする。

最後の方に出てくる「私はあなたと共同して作品を作ろうと思っている。

なのにあなたはそれをわかっていない」というニュアンスの,

「自分中心にやればいいのよ」という言葉は,

一流のディレクターになりたければ,失敗を恐れず,

自立した態度で立ち向かってほしい。

それならば,私も大いに協力したい,と言っているように思えた。

樹木希林は,是枝監督の「万引き家族」の撮影の中でも,

「自分の役にリアリティーがない」と意見し,

脚本になかった場面を挿入させてもらっている。

「万引き家族」の中でも印象的な場面だったので,私もよく覚えている。

あれは,そういう経緯で撮影されたものなのかと腑に落ちた。

決して派手な映画ではないが,立川の変貌ぶりを目の当たりにする利点もあるので,

北口から7~8分歩いてみてはいかがだろう。

6階にはジュンク堂という巨大な本屋もあるので,時間つぶしもできる。

Img_4744_20191005053101

 

 

« 『望郷の丘』~盲人会が遺した多磨全生園の歴史 | トップページ | 蚊取り線香 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『望郷の丘』~盲人会が遺した多磨全生園の歴史 | トップページ | 蚊取り線香 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ