« 青空に月が・・・ | トップページ | 火災保険で「風雪害」が修理できる!? »

2019年10月23日 (水)

頭慢ライブ@たかしの店(石垣島)2019・10・18

上記の頭慢ライブをアップしました。

どうぞお楽しみ下さい。

20191022_2030906

【頭慢ライブ@たかしの店(石垣島)2019・10・18】

http://20f.jugem.cc/?day=20191022

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セットリスト

 

●第一部 ・・・・・テーマ「記憶のオートファジー」

1.新しい物語

2.ルート17(2013)

3.天使が空から落ちてきた

4.Fuseな時代

5.函館のおやぢ

6.都会から来た人は

 

●第二部

7.ヤギのお母さん

8.函館のおやぢ

9.さしみ屋

10.バナナのブルース

11.誰か僕と内緒の話をしよう

12.葉音 - Sound of Leaf -

 

2.作詞:BARL

そのほか、作詞・曲:頭慢(とーまん)

 

「記憶のオートファジー」というテーマだが、オートファジーとは動物の細胞の中でタンパク質を分解する仕組みである。

タンパク質は悪くなったら壊されるのでなく、元気なうちに壊される。動物には、積極的に壊す仕組みが用意されてるのである。

それをひとの記憶に言及。記憶というものも、揮発して無くなっていくわけでなく、積極的に分解される仕組みが人には備わっているのではないかというのが、今回のテーマ。「記憶のオートファジー」である。

こんな、とっつきにくいテーマに、意外にもお客さんは食いついてくれた。

こういう芸風でライブをやって来て良かったと思う瞬間だ。

3.は、今月の新曲。悔恨と昇華をテーマにしたラブソングである。

 

第二部は、初めてのお客さん向きに定番な曲を並べた。

そんな中に、先月つくった10.バナナのブルース。これを「ひとりデュエット」で歌って、とっても好評いただいてしまった。こういう歌がメインのミュージシャンと思われても困るのだが、まあ、変化球の投げられるピッチャーではありたい。というか、変化球も投げられるとこがウリだとは思ってる。

 

ラストソングは、ジェーンとターザンが来てくれたこともあり、その頃の定番ラストソングで、12.葉音。そういえば、葉音さん、元気でいるかなぁ。

 

来月もこの流れで、金曜日開催です。
11月15日(金)、埼玉県民の日の次の日。

« 青空に月が・・・ | トップページ | 火災保険で「風雪害」が修理できる!? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

肥さん、いつもリンクありがとうございます。
ライブのテーマは生物学的なことが多いですが、いつか、歴史学的なテーマもやってみたいなとか、肥さんのブログ来て、今、思ったりしました。

あまり居ないとおもいますが、リンク先ブログにも書いてますけど、リンク先から動画をご覧になる方、要注意です。

頭慢さんへ
コメントありがとうございます。

〉 ライブのテーマは生物学的なことが多いですが、いつか、歴史学的なテーマもやってみたいなとか、肥さんのブログ来て、今、思ったりしました。

それは素晴らしい企画ですね。
扱ってほしいテーマとしては,「正史は勝者のための歴史なのだ」ということがあります。
だから,「歴史を研究すること」は,いつでも「その記述は,本当に正しいのか」ということが常に問われます。
勝者の陰には敗者がいるのすがで,敗者の歴史はなかなか伝わらないからです。
でも,その謎を解き明かすという課題があるので,歴史学は魅力があるのですけどね。
そういうのって,頭慢さんの哲学的テーマに沿うような気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 青空に月が・・・ | トップページ | 火災保険で「風雪害」が修理できる!? »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ