« 我が家の「メガネ」密度が高い場所は? | トップページ | 台風19号の被害,とどまるところ知らず・・・ »

2019年10月15日 (火)

彦狭嶋王に東山道十五國都督を命じた人物は誰か?

「東山道」は「日本書紀・全文検索」で検索すると,3か所ヒットする。

その初出は,例の有名な場所(景行紀)だ。

五十五年春二月戊子朔壬辰、以彥狹嶋王、拜東山道十五國都督、是豐城命之孫也。然、到春日穴咋邑、臥病而薨之。是時、東國百姓、悲其王不至、竊盜王尸、葬於上野國。

ところで,彦狭嶋王に東山道十五國都督を命じた人物は誰か?それが今回の話題である。

「えっ,景行紀の中にあるなら,景行天皇が主語じゃないの?」と普通は考える。

しかし,川瀬さんの「主語有無の論証」を知っている私としては,

「本当に景行天皇なのか,それとも九州王朝の天子の名前を出さないやり方なのか,それが気になる。

(「彦狭嶋王が,謹んで命令を受けた」という言い方で,主語を省略しているからだ)

もし「主語有無の論証」に該当するとなれば,古代官道を作った主体も九州王朝ということになるだろうし,

私が7年前に書いたのは,「古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?」というものだったが,

今回は,最後の疑問文「か?」を取るチャンスが到来したことにもなるかと思うからである。

 

« 我が家の「メガネ」密度が高い場所は? | トップページ | 台風19号の被害,とどまるところ知らず・・・ »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

以彥狹嶋王、拜東山道十五國都督.

 この読みは彥狹嶋王をして、東山道十五國都督を拝せしむ。
 明らかに彥狹嶋王を東山道十五國都督に任命した主体が省略されており、「拝せしむ」ですから、「謹んで承った」という敬語表現ですから、任命主体が最上級の人であることを示しています。
 この部分は、一つの文節の冒頭ですから、冒頭で主語を省略した書き方は、明らかに任命者が九州王朝の天子(時代がわからないので、天皇なのか天子なのか不明)であることは確かです。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  この読みは彥狹嶋王をして、東山道十五國都督を拝せしむ。
 明らかに彥狹嶋王を東山道十五國都督に任命した主体が省略されており、「拝せしむ」ですから、「謹んで承った」という敬語表現ですから、任命主体が最上級の人であることを示しています。
 この部分は、一つの文節の冒頭ですから、冒頭で主語を省略した書き方は、明らかに任命者が九州王朝の天子(時代がわからないので、天皇なのか天子なのか不明)であることは確かです。

ありがとうございます。また「東山道」が研究のきっかけになりそうです。

この話でしたか。
昨夜の冒頭の話は。

岩手に行っていてここは読んでませんでしたね。

昨夜の会は人数が少なかったですが
じっくり拝聴させていただきました。

レポートをよく見てみると
すっきりと整理されていることがよくわかりました。

翔空さんへ
コメントありがとうございます。
また,サークルへのご出席,ありがとうございました。

〉  この話でしたか。
昨夜の冒頭の話は。
岩手に行っていてここは読んでませんでしたね。

そうなんです。古田武彦さんは講演のスタートに「新発見」の話をよくされました。
講演を聞きに来る人は,たいてい古田さんの本を読んでくるので,
最初に新知見を提供して,興味をそそるのだと思います。

〉昨夜の会は人数が少なかったですが
じっくり拝聴させていただきました。
レポートをよく見てみると
すっきりと整理されていることがよくわかりました。

ありがとうございます。心強いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 我が家の「メガネ」密度が高い場所は? | トップページ | 台風19号の被害,とどまるところ知らず・・・ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ