« 「いきなり!ステーキ」が大ピンチらしい | トップページ | 祝 151万アクセス »

2019年10月16日 (水)

大寺廃寺(高知県)の素弁瓦

ようやく秦泉寺の素弁瓦の写真をアップしたところ,

侏儒国民さんからすぐにコメントをいただきました。

四国に目を向けていただき、ありがとうございます。

高知県では土佐国分寺に先行すると考えられる寺院がいくつかあります。

秦泉寺廃寺、大寺廃寺、比江廃寺の3つは特に注目すべきところがあります。

高知市春野町の大寺廃寺跡からは秦泉寺廃寺のものと同じ形式の素弁蓮華文軒丸瓦が出土しています。

春野郷土資料館に展示してありますが、写真撮影不可。

あろうことか8世紀頃と紹介されています。聖武天皇の詔(741)以後と考えたものと推察します。

侏儒国民さん,またまた情報ありがとうございます。

さっそく春野郷土資料館のホームページににアクセスしました。

【春野郷土資料館】

https://www.city.kochi.kochi.jp/deeps/20/2019/muse/harunoshiryokan.html

資料ギャラリーのコンテンツの「その他」のところに,その素弁瓦は出ていました。

Img_4972

比江廃寺も,南国市のホームページには以下の説明があるそうです。

(塔心礎は8世紀以降のものだが,出土した瓦等は古いものだった)

 比江廃寺塔跡(国史跡)
 南国市比江字土居屋敷にあり、国の史跡に指定されています。塔の心礎だけしか残っていませんが、

白鳳時代の古瓦も出土する廃寺で、県内では最古の寺院跡です。  出土の鐙瓦は、複弁蓮花文、単弁蓮花文の両種、宇瓦は、忍冬唐草文、重弧文などの文様があります。

その他鬼瓦、鴟尾の断片も発見されており、伽藍配置は法隆寺式ですが、古瓦の散布状況から廻廊はなかったと推測されます

« 「いきなり!ステーキ」が大ピンチらしい | トップページ | 祝 151万アクセス »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「いきなり!ステーキ」が大ピンチらしい | トップページ | 祝 151万アクセス »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ