« 仮説実験授業研究会の「居心地の良さ」について | トップページ | 本日「二日月」を撮影するチャンス »

2019年9月30日 (月)

ONラインで考えてみれば・・・

1990~2年の古田武彦氏主宰による共同研究会によって,

旧政権(九州王朝)と新政権(近畿王朝)の境目=ONラインが,

700年と701年とされた。この意味は決して小さくない。

それまでの国家の意志は九州王朝にあり,それ以降の国家の意志は近畿王朝にあることになるからである。

例えば,倭の五王を送ったのは5世紀のことであるから,

ONラインに従う限り,原則九州王朝の中国南朝への朝貢ということになる。

(これは「方位の考古学」の東偏政策とも合う)

また,「日出ずる処の天子」の手紙も,聖徳太子ではなく「隋書」に出てくる多利思北孤(鉾をたくさん持っている男)

という九州王朝の天子と言うことになるし,

また白村江の戦いを主導したのが九州王朝(「薩野馬」が皇太子か)ということになる。

実は,白村江の戦いに近畿王朝は参戦していない。斉明天皇の葬儀を理由に,兵を引き上げているのだ。

だから,まったく損害はなかった。

一方,無謀な戦争で,敗戦から滅亡へひた走ったのは,実は倭国=九州王朝だった。

近畿王朝は生き残って,国内ナンバー2からナンバー1(主権者)にのし上がった。

だから,近畿王朝は自らの初めての「大宝」という年号を定めること(建元という)ができたし,

九州王朝の歴史も取り込んで「日本書紀」という正史を書くことができたのだった。

 

・・・・・・・・・・九州王朝・・・・・・・・・・・・・・ONライン・・・・・・・・・・・・・近畿王朝・・・・・・・・・・・・

     (517年から九州年号あり)       700年・701(大宝元)年~               ~令和元年

« 仮説実験授業研究会の「居心地の良さ」について | トップページ | 本日「二日月」を撮影するチャンス »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仮説実験授業研究会の「居心地の良さ」について | トップページ | 本日「二日月」を撮影するチャンス »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ