« 息子の手料理 9/1 | トップページ | 祝 149万アクセス! »

2019年9月 1日 (日)

『たの授』9月号の感想

仮説社御中

東村山の肥沼です。

『たの授』9月号の感想を送ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『たの授』9月号で特に良かったのは,次の3点です。

 

(1) 特集「わたし定時に帰ります」の4編(伴野さん,佐竹さん,中さん,峯岸さん)

これらはいずれも、単に「早く帰る」ということを越えて,「自分のやりたいことをするため」に

早く帰る工夫をしているという趣旨だろうと思います。それは,仮説実験授業を中心とした

たのしい授業をしたいから,家族と充実した時間を持ちたいから,生きがいを感じたいから等です。

(2)手を挙げない子どもたち(淀井さん)

小学校勤務の経験しかなかった淀井さんに,高校勤務が思いがけず沸き起こりました。

仮説実験授業があればなんとかなる・・・と思ったが,予想に手も挙げてくれないという現実が。

ところが,その背景にいろいろ事情があることを知る淀井さん。苦戦しながらもやり続け,

ドキドキしながらテストに書いてもらった授業の感想には・・・私もウルウルしてしまいました。

(3)言葉の伝承と断絶(村上さん)

最近「新ことばノート」と題する新鮮な論考を連載する村上さん。その5回目は,絵本だった。

青木優和・文,畑中富美子・絵『われから』(仮説社)をめぐる話題で,私も「われから」という

興味深い生物は最近知ったばかりなのだが,それに焦点をあてて「言葉の伝承と断絶」について

扱っている。この連載を元に,『ことばの授業』に続く,村上さんの2冊目の本になったらいいと思う。

 

Img_4275

« 息子の手料理 9/1 | トップページ | 祝 149万アクセス! »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 息子の手料理 9/1 | トップページ | 祝 149万アクセス! »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ