« 今日は「仮説社フェア」 | トップページ | 仮説社フェア(1日目) »

2019年9月22日 (日)

楽天が西武を破り69勝目

楽天が投打が噛み合い69勝目をあげた。

西武110000030計5

楽天20102020×計7

石橋・森原・松井-堀内・太田

石橋8勝7敗0S

松井2勝8敗37S

浅村31号2ラン

楽天が投打が噛み合い,西武にホームで2連勝した。

全部奇数回の得点だった。

【試合のダイジェスト】

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/1953068/

【平石監督インタビュー】

https://tv.pacificleague.jp/ptv/pc/viewer/liveAmp/?defaultDisp=1&gameCode=22579

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーロー・インタビュー】

Photo_20190923042101

記者:112球粘りのピッチングでした。今日のご自身のピッチングを振り返っていかがですか。

石橋選手:援護していただけたので、感謝です。


記者:7回まで本当に良いピッチングだったように見えるのですが、今日はどんなところが良かったのですか。


石橋選手:攻めるとこは攻めるでしっかり放れたと思います。


記者:100球間近という中でしたが、あれは8回のマウンドは自ら志願したのですか。


石橋選手:(平石監督から)「まだまだ行けるか」と聞かれたので、「全然いけます」って言いました。


記者:今シーズンを振り返っていただきたいのですが、開幕一軍をつかんで、そして5月からはローテーションの一角として回りました。非常に充実した1年だと思うのですが、振り返っていかがですか。


石橋選手:何とか一軍にしがみつくっていう気持ちでやってました。


記者:特に右バッターの内角をえぐるシュートボール。あれが非常にききましたよね。


石橋選手:いつも思い切って放ってます。


記者:今日も時より雨が降る中、声援を送ってくれた楽天イーグルスファンに最後にメッセージをいただけますか。


石橋選手:雨の中、たくさんの応援ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Photo_20190923042601

記者:5回の2ランホームラン。ゲームの中で非常に大きな一発だったと思います。あの場面を振り返っていただけますか。

浅村選手:石橋選手にもエラーをしてしまって、本当に悪いなと思って打席には入ったので、とにかく何とかしたかったなと思いました。


記者:その後のタイムリーツーベースも非常に効果的な1点となりましたね。


浅村選手:結果的にその後、石橋選手が2者連続(ホームランを)打たれているので、結果的に良かったと思います。


記者:チームは熾烈な3位争いが続く中で雰囲気はかなり良いのではないですか。


浅村選手:本当に1つも負けれない試合が続くので、何とか目の前の試合をと思ってやってます。


記者:これでチームのクライマックスシリーズ進出もぐっと大きく近づきました。今日の1勝は非常に大きいですね。


浅村選手:もちろん。本当に強いチーム相手を残しているので、何とか頑張りたいと思います。


記者:最後に楽天イーグルスファンにメッセージをいただけますか。


浅村選手:本当に雨の中ありがとうございました。また明日も雨かもしれないですが、とにかく全力で戦いますので、応援よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【平石監督のインタビュー】

記者:先制を許しましたが、そのあとすぐに初回(点を)返しました。今日も打線が全体的に繋がった印象がありましたが、監督としてはどうご覧になったでしょうか。

平石監督:初回に2アウトからホームランを打たれましたけど、島内がよく打って、よく走って3塁まで行ってくれたので、(チームに)勢いをつける意味で大きかったですし、その後の栄五郎(茂木選手)もすぐ繋いで、銀次もきっちりと2点目を入れてくれて、初回にすぐとれたのはよかったと思います。


記者:その島内選手は猛打賞、浅村選手に1発、銀次選手は連日のタイムリーと内容を見ても、この先を考えても収穫のある現状の調子だと思うのですが、そのあたりはどうでしょうか。


平石監督:島内も状態いいですし、浅村もミスはしましたけども、チームにとってもあれは痛いのですけども、本人も悔しいでしょうから、それをしっかり取り返してくれてましたし、銀次にしてもヒットだけじゃなく、内野ゴロでも1点取るというのはできていますので、いい攻撃だったと思います。


記者:バッターで見れば、内田選手が今シーズン初昇格から今日初打席もありました。結果は一ゴロでしたけれども、この時期に上がってきたことにも1つ意味があると思うのですが、監督としては期待する所はどこでしょうか。


平石監督:もちろん打つほうに期待しています。


記者:ピッチャーでは石橋選手が8回5失点という結果にはなりましたけども、今シーズン8勝7敗と一つ勝ち越したというところ、彼にとっても大きな1勝になったのではないかと思いますがどうでしょうか。


平石監督:初回に1点、2回は味方のエラーでしたけども、そのあとしっかりと試合を作ってくれまして、欲を言えば8回を投げ切って欲しかったのですけど、今、中継ぎも大変な状況なので、何とか石橋があの回を投げてくれればと思ったのですが、最後はへばりましたけども、大事な試合でもそうですし、しっかりと石橋らしさを出してくれてますし、今年はまだシーズンは終わっていませんが、本当に成長した選手の一人ではないかなと思っています。


記者:ホームに戻ってきて、昨日今日の勝利、当然大きいと思いますが、この2勝を監督としてはどう見る2勝でしょうか。


平石監督:まだまだこれからだと思います。


記者:明日もゲームがありますが、明日に向けてお願いします。


平石監督:いつも言ってます。目の前の試合をしっかりと準備して、とにかく勝つために全力でやっていきます。

« 今日は「仮説社フェア」 | トップページ | 仮説社フェア(1日目) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は「仮説社フェア」 | トップページ | 仮説社フェア(1日目) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ