« 大谷の来季の起用法は? | トップページ | 平安京の「九条大路」を発見=最南端 »

2019年9月12日 (木)

息子の手料理 9/12

母がナスを買ってしまったので,

今回はナス料理にしました。

「ナスの味噌汁」と「ナスのワサビ漬け」です。

まあ,たまにはこういうのもいいでしょう。

【ナス料理のレシピ】

https://matome.naver.jp/odai/2144059367677749001

Img_4473

※ スーパーでは,鍋の素(スープ)を売り始めました。

野菜や肉を入れれば,美味しい鍋が出来上がるやつです。

これからまたずいぶんお世話になると思います。

※ 我が家では,梨は「幸水」が人気なのですが,

今は「秋月」というのがシェアのトップらしいです。

幸水より高いけど試しに買ってみました。

食べてみると,ソフトな味わいで美味ではあります。

が,私としては梨のザラザラ感は嫌いじゃないので,

「幸水」(期間が短い?)を一番に推します。

« 大谷の来季の起用法は? | トップページ | 平安京の「九条大路」を発見=最南端 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 なすは油との相性が抜群です。
 ざく切りに切って、大きめにきった豚ばら肉と併せて炒め、最後に味噌・砂糖・醤油・カキ油・豆板醤・片栗粉をお酒で溶かしたルーを入れるととてもおいしい。
  お酒:大さじ1杯。味噌・砂糖:それぞれ小さじ2杯。醤油・カキ油:それぞれ小さじ1杯。豆板醤:小さじ1杯。片栗粉:小さじ2/3杯。
 
 元のレシピだと、パプリカの赤と黄をそれぞれ半個を細く切って炒めると良い。

 手順:1:なすとパプリカをさっとゆでておく(レンジで加熱でもよい)。
     2:加熱した鍋(中華鍋が最高。なければ大きなフライパン)に大さじ一杯の油を入れて、そこになす・パプリカを加えてサッと炒め、さらに豚バラ(レンジで先に短時間加熱してもよい)を加えて炒める。
     3:最後に上記のルーを加えてサッと炒める。

以上、NHKの今日の料理7月号からでした。この雑誌は毎月いろいろの手軽な料理レシピ満載で、いつも参考にしています。レパートリーが増えますよ。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  なすは油との相性が抜群です。
 ざく切りに切って、大きめにきった豚ばら肉と併せて炒め、最後に味噌・砂糖・醤油・カキ油・豆板醤・片栗粉をお酒で溶かしたルーを入れるととてもおいしい。

そうでした,そうでした。
豚バラ肉と炒めるという手がありましたね。
これから我が家の食卓は,
「ナスのオンパレード」になるかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大谷の来季の起用法は? | トップページ | 平安京の「九条大路」を発見=最南端 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ