« 調神社の謎~多元的に考えてみる | トップページ | 浦和仮説サークル 9/7 »

2019年9月 8日 (日)

楽天が西武を破り62勝目

楽天が西武を破り62勝目をあげた。

西武110000001計3

楽天00140000×計5

辛島9勝5敗0S

松井2勝7敗33S

楽天は2点を追う3回裏に,島内のタイムリーでまず1点。

続く4回にも島内と渡辺佳の連続タイムリーなどで逆転した。

先発・辛島は5回2失点で試合を作り,9勝目をあげた。

最後は松井が薄氷のセーブをポイントをあげた。(危ねえ~💦)

【試合のダイジェスト】

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/1905010/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天のヒーロー・インタビュー】

2_1jpeg_20190908015401

キッズヒーローインタビュアー:今日の試合、自分をかっこいいと思った所はどこですか。

島内選手:ないです。


記者:今日は一番バッターとしての出場となりました。チャンスで何回か打席が回ってきましたけれども、打席の中で意識したことはどんなことなのでしょうか。


島内選手:まずは(ランナーを)返そうと思って打ちました。


記者:4回のタイムリーについて、あそこで一本出ればチームは逆転という場面でした。どんな意識で打ちましたか。


島内選手:打てて良かったです。


記者:この一打で辛島選手を援護することができました。


島内選手:そうですね。とにかく、今日勝てて良かったです。


記者:これで連敗ストップとなりました。やはりベンチのムードも変わってきますか。


島内選手:ベンチは良い雰囲気なので、明日もしっかりと勝っていきたいと思います


記者:勝負の9月は続いていきます。集まった楽天イーグルスファンに最後に一言お願いします。


島内選手:明日も頑張りますので、また応援の程よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3_1jpeg_20190908015601

キッズヒーローインタビュアー:ホームでの初ヒーローおめでとうございます。ブセニッツ選手は抑える時に何を意識していますか。

ブセニッツ選手:マウンドで考えていることは常に楽しむことです。その状況を楽しんで、なんとかチームの勝利に繋げられるように投げています。


記者:7回の場面、強力な埼玉西武打線を相手に、どんな意識でマウンドに上がられましたか。


ブセニッツ選手:強力打線なので、自分を盛り上げてなんとか抑えられるように集中してマウンドに上がりました。


記者:これでブセニッツ選手は8月、9月と無失点が続いています。ご自身のピッチングを分析して何が好調の要因でしょうか。


ブセニッツ選手:数字はなるべく考えないようにしていまして、まずはチーム優先でチームの勝利に貢献できるように、繋ぐ意識で投げています。


記者:クライマックスシリーズ進出に向けてもリリーフ陣の活躍は欠かせないものとなってくると思います。楽天イーグルスファンの皆さんに一言お願いします。


ブセニッツ選手:皆さん応援ありがとうございます。引き続き球場に足を運んで、日本一になれるよう後押しよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:勝利しました。打順変更、どんな意図やメッセージがあった変更だったんでしょうか。

平石監督:少し流れを変えたいというか、どうしたら打線が今の状態で、より機能するかということをコーチと色々話して思い切って変えました。


記者:その変更、3回には足や小技を使ってタイムリー1点、そして4回には繋がりが良く4得点と、非常に効率の良い攻撃が一つできたのではないのかなと思うのですがいかがだったでしょうか。


平石監督:この打順が良いかどうかはわからないですけれども、ただ、何とか流れを変えたいと思って、今日組み替えたのですけど、本当に皆よく繋いでやってくれたと思います。


記者:投手陣でいえば、昨日に引き続き中継ぎ陣、最後松井選手の1失点はありましたが、本当に中継ぎ陣が踏ん張っている2試合だったと思います。監督はどうご覧になってますか。


平石監督:こちらも信頼してる中継ぎ陣ですので、迷いなく送り出しているのですが、初回、2回と辛島が点を取られて、そのあと本当に良く粘ってくれて、5回まで投げてくれたのでね。辛島はじめ、そこをつないだ宋家豪からそれ以下の中継ぎ陣も本当にしっかり投げてくれたと思います。最後の松井は喝ですね。ただ良く粘ってくれたと思います。


記者:辛島選手ですが、9勝目となりまして自己最多の数となりました。辛島選手のピッチングも含めて改めてその点どう評価されますでしょうか。


平石監督:一か月間くらい中継ぎをやって、色々な思いを持ちながら先発に戻ったと思います。特別凄い球があるわけではないですが、色々な球を織り交ぜて、バッテリーでピッチングしてくれていますので、次も期待しています。


記者:これで勝率が再び5割に戻りました。明日の埼玉西武戦非常に重要なゲームだと思います。明日に向けてお願いします。


平石監督:明日が大事というか、毎日が大事ですので、とにかく目の前の試合しっかり準備して、ひるまず、引かず、どんどん攻めていきたいと思います。

« 調神社の謎~多元的に考えてみる | トップページ | 浦和仮説サークル 9/7 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 調神社の謎~多元的に考えてみる | トップページ | 浦和仮説サークル 9/7 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ