« 武蔵・阿蘇神社 | トップページ | 秋津ボランティア・グループのつどい »

2019年9月10日 (火)

楽天がオリックスとの接戦を制し63勝目

楽天がオリックスとの接戦を制し63勝目をあげた。

オリ022000000計4

楽天11010012×計6

岸・森原・松井ー太田・堀内

森原3勝2敗0S

松井2勝7敗34S

浅村29号ソロ

4ー4の同点で迎えた8回裏,

浅村が2点タイムリーを離しオリックスに勝ち越した。

勝率も5割に復帰。

さあ,「貯金」を殖やそう!

【試合のダイジェスト】

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/1911226/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2_1jpeg_20190910063501

記者:7回裏、ナイスバッティングでした。

フェルナンド選手:ありがとうございます。


記者:同点タイムリーでしたが、どんな感触でしたでしょうか。


フェルナンド選手:最高です!


記者:これで得点圏打率は4割4分4厘。勝負強いですね。


フェルナンド選手:ありがとうございます。


記者:ここからもう残り試合、フェルナンド選手のパンチ力が欠かせないものとなってくると思いますが、その辺りいかがでしょうか。


フェルナンド選手:そうなると良いですね。


記者:楽天イーグルスファンに向けて一言お願いいたします。


フェルナンド選手:熱い声援、これからもお願いします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3_1jpeg_20190910063601

記者:まずは最初のホームラン、感触はいかがでしたでしょうか。

浅村選手:感触は良かったです。


記者:その後の同点の場面。あの時はどのような意識で打席に立ちましたでしょうか。


浅村選手:銀次選手もブラッシュ選手も良い形で繋いでくれたので、なんとか自分で決めるという気持ちでいきました。


記者:センターへの勝ち越しタイムリー。感触はいかがでしたでしょうか。


浅村選手:先程言いましたように、先程言いましたこと(感触は良かったです。)が今の気持ちです。


記者:今日は7月28日以来の猛打賞となりました。。浅村選手の調子というものも上向きなのではないでしょうか。


浅村選手:迷惑をかけてばかりなので、なんとか残り試合少ないですが、全部活躍するように頑張りたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4_1jpeg

記者:この記録(自己最多34セーブ)いかがでしょうか。

松井選手:そんなに大したことはないです。


記者:今日は3人で最後は空振り三振で締めました。今日の投球を振り返ってみていかがでしょうか。


松井選手:前回の投球が長くなってしまって、球数もかかってしまったので今日は省エネを意識して投げました。


記者:34セーブを達成するまでには、今シーズンの色々な時期もあったと思います。今もクライマックスシリーズ進出に向けて大事な1戦が続いていきますが、この後はどのようなピッチングをしていきたいですか。


松井選手:とにかく勝ちをこぼさないように、チームの勝利の為に一生懸命投げていきたいと思います。


記者:改めて残り13試合です。更なる上位進出、クライマックスシリーズ進出に向けての意気込みを楽天イーグルスファンの皆さんに向けてお願いいたします。


松井選手:残り試合全部勝つつもりでいきます。背中を押してください。よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:今日の先発は岸選手でした。7回4失点、3回までにホームランを3本浴びる立ち上がりでしたが、ご覧になっていかかでしたか。

平石監督:投げているボールが悪いわけではないのですけど、失投であったり、相手(オリックス打線)にしっかり仕留められましたので。その後はしっかりと投げてくれたと思いますけど。


記者:打線では浅村選手に13試合ぶりの1発が生まれましたが、あの1打はいかがでしたか。


平石監督:チームにとってもすぐホームランで点を取ってくれたので、非常に良かったと思います。最後の打席もよく仕留めてくれたと思います。


記者:7回の攻撃では、代打攻勢でフェルナンド選手がタイムリーを放ちました。あの1打というのも大きかったと思います。


平石監督:ノーアウト3塁でビッグチャンスだったのですけど、2アウトまでいってしまって、そこで下水流もよくフォアボールを選んで。フェルナンドですよね。あれ(7回の同点タイムリー)は流れ的にかなりプレッシャーもかかりますし、いくらこっちがチャンスといっても、向こうに流れがいきかけていたところで、よく打ってくれたと思います。
記者:これで勝率5割復帰ということになりました。次回からビジターの戦いが続きますが、また次回に向けてお願いします。

平石監督:目の前の試合を勝つしかないので、5割であろうが借金であろうが貯金であろうが、とにかく目の前の試合、しっかり準備してやりたいと思います。

 

 

« 武蔵・阿蘇神社 | トップページ | 秋津ボランティア・グループのつどい »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 武蔵・阿蘇神社 | トップページ | 秋津ボランティア・グループのつどい »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ