« 肥さんの略式年図 | トップページ | 教え子たちと墓参りをする »

2019年8月 4日 (日)

泉官衙遺跡の変遷図は,2つの王朝の「栄枯盛衰」を表していたか?

かなり前にこの「夢ブログ」では,泉官衙遺跡(福島県)のことを書き,

「2つの王朝の「栄枯盛衰」を見た」などと不遜な仮説を唱えた。

そろそろ「方位の考古学」に従って,仮説の行方を確認してもいい頃だろう。

Img_3844

Img_3847

この本のP63~5にかけて,「官衙の変遷」と題し,

Ⅰ~Ⅲ期の官衙の年代が書かれている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ⅰ期官衙(7世紀後半~8世紀初頭)

Ⅱ期官衙(8世紀初頭~後半)

Ⅲ期官衙(8世紀後半~9世紀後半)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これだと,2つの正方位は,両方とも近畿王朝が作ったものということになるだろう。

しかし,私たちの「方位の考古学」では,東北地方は100年後ろにズラされていると考えるので,

100年前に戻すと,以下のようになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ⅰ期官衙(6世紀後半~7世紀初頭) 九州王朝の東偏

Ⅱ期官衙(7世紀初頭~後半)    九州王朝の正方位 → 白村江の戦いによって敗北。滅亡

Ⅲ期官衙(7世紀後半~8世紀後半) 近畿王朝の正方位 → 律令制の衰え

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私がかつて唱えた仮説,「泉官衙遺跡の変遷図に,2つの王朝の「栄枯盛衰」を見た」は,

「方位の考古学」の審判によれば,合格の判断をいただけることになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ 全国の遺跡の精査により,東日本では中部地方で50年,関東・東北では100年ズラされていることが分かった。

また,西日本では,中国・四国で50年,九州では100年ズラされていることが分かった。

« 肥さんの略式年図 | トップページ | 教え子たちと墓参りをする »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 肥さんの略式年図 | トップページ | 教え子たちと墓参りをする »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ