« 楽天が延長12回で引き分ける | トップページ | 頭慢ライブ@YaYa(恵比寿)2019・7・24 »

2019年8月19日 (月)

たのしかった平林さんの講演会

昨日は亀戸で行われた平林さんの講演会に行ってきた。

古くからの仮説の会員で,そのファンも多い。

ちょっと年表を紹介しよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1934年,長野県に生まれる。

1956年,長野県の教師(芋井小)となる。カラスの研究。

1959年,東京・桐朋学園小へ

1963年,「仮説」の提唱。

1964年,和光小へ。前年に誕生した「仮説」と出会う。火曜研究会。

1972年,『ひと』誌に出会う。

1978年,しのぶちゃんに出会う。

1981年,『しのぶちゃん日記』(太郎次郎社エディタス)

1988年,52歳で教師を辞める。仮説を中心にした「出前教師」の活動を行う。

2009年,『出前教師20年 たのしさが力』。現在85歳。

これらは,榎本さんや多久和さんにより,もっと詳細に調べられている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【講演内容】

・原子論的な世界観の教育

・ものの多様性と同一性

・唯物論と原子論

・心とは何か。

・人間は本能を捨てた動物。だから教育が必要

・カラスの研究

・「仮説」から原子論,認識論を学んだ。

・「まかぬ種は生えぬ」授業書にはなっていないが,勉強する面白さを知った

・火曜研究会。板倉さんの一言一言に感動した。科学の基本概念。科学の歴史

・授業書に入れる「厳密な言葉」

・頭の中で原子・分子が飛び回っていた

・津田道夫氏との出会い。心・本能どを学ぶ

・和光小でのいろいろなエピソード。私立は大変なこともある

・出前教師となった理由

・『スズメバチの生き方はこんなに面白い!』という自費出版を考えている。(400部。1冊800円?)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_4175

Img_4177

Img_4176

 

« 楽天が延長12回で引き分ける | トップページ | 頭慢ライブ@YaYa(恵比寿)2019・7・24 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天が延長12回で引き分ける | トップページ | 頭慢ライブ@YaYa(恵比寿)2019・7・24 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ