« その後の府中市役所遺跡 7/14 | トップページ | 有田・小田部(有田)遺跡は,孝徳の難波長柄豊崎宮ではないか(川瀬さん) »

2019年7月15日 (月)

清末の官衙遺跡

昨日の, 都地より清末の官衙遺跡は分かりやすいと思います。

コの字が北方の大部分が発掘されているからです。

なかなかこうはいかないのですが・・・。

次に・方位に注目して下さい。前とは逆に西偏です。

ということは,「方位の考古学」でいうと近畿王朝のものということになります。

Photo_20190715045901

« その後の府中市役所遺跡 7/14 | トップページ | 有田・小田部(有田)遺跡は,孝徳の難波長柄豊崎宮ではないか(川瀬さん) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 昨日はこの遺跡を単純に西偏としました。
 しかし「12世紀」という年代を考えてみれば、磁気偏角が東偏の時代。
 したがってこの遺跡は東偏と考えた方が良いと思います。
 つまり中世の官衙遺構。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  しかし「12世紀」という年代を考えてみれば、磁気偏角が東偏の時代。
 したがってこの遺跡は東偏と考えた方が良いと思います。

そうか!12世紀からは東偏の時代に入るのでしたね。
めったにデータベースに出てこないので,忘れていました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« その後の府中市役所遺跡 7/14 | トップページ | 有田・小田部(有田)遺跡は,孝徳の難波長柄豊崎宮ではないか(川瀬さん) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ