« 上岩田廃寺 | トップページ | 〈たのしい研究〉とたのしい教師生活~峯岸・中の語り場スペシャル~ »

2019年7月 5日 (金)

現在この辺・・・「方位の考古学」の全遺跡精査

前にも書いたが,川瀬さんと多元的「国分寺」研究のサイトでやっている

「方位の考古学」の全遺跡精査が,九州に入った。

東日本をやった後,山陽道から九州へという流れ。

このまま南下して,あと残った地方をやろうというところまで来ている。

私は「方位の考古学」を思いつきましたというのと,

全遺跡精査の結果「方位の考古学」の考え方でいけることがわかりました!

というのでは,まったく説得力が違う。

もし,「方位の考古学」で行けるとなると,今度は逆に

「国分寺建立の詔」や「編年」が正しくないということになるが,

それはこちらのあずかり知らぬこと。

数が多かった千葉県の遺跡に比べると,その後は「えっ,もう終わり!?」という県も。

チリも積もれば山となるという諺があるが,1日5ヵ所でも,1年で1800ヵ所だものね。

このままいくと秋までには終わるので,11月の古代史セミナーには発表できそうだ。

Img_3407

(図をクリックすると拡大します)

※ ここでいう遺跡は,「奈良文化財研究所」データベースの

〈寺院〉と〈地方官衙〉の主要遺跡ことです。

« 上岩田廃寺 | トップページ | 〈たのしい研究〉とたのしい教師生活~峯岸・中の語り場スペシャル~ »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 すでに福岡県の寺院遺跡をやっていて、7世紀後半(または末)に東偏寺院と正方位寺院が同居していることが確認されています。
 つまり肥沼さんが考えたように、この100年前の
 7世紀後半から末の時期に、九州王朝が、東偏⇒正方位へ変更した 可能性は極めて高いです。

 したがって九州地方の編年は近畿に比べて100年下げられていることもほぼ確かです。九州を全部やって同じ結論なら、「方位の考古学」の仮説はほぼ確定。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 すでに福岡県の寺院遺跡をやっていて、7世紀後半(または末)に東偏寺院と正方位寺院が同居していることが確認されています。
 つまり肥沼さんが考えたように、この100年前の
 7世紀後半から末の時期に、九州王朝が、東偏⇒正方位へ変更した 可能性は極めて高いです。
 したがって九州地方の編年は近畿に比べて100年下げられていることもほぼ確かです。九州を全部やって同じ結論なら、「方位の考古学」の仮説はほぼ確定。

近畿から東方へ。そして,今度は西方へ。
「方位の考古学」の旅を続けてきて,得るものが多かったです。
まだ,「全問正解」の日は少ないですが,それで自分の足りないところもわかります。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 上岩田廃寺 | トップページ | 〈たのしい研究〉とたのしい教師生活~峯岸・中の語り場スペシャル~ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ