« 楽天が投打が噛み合い33勝目 | トップページ | 新たな「東偏国府」を求めて »

2019年6月12日 (水)

体験談をスピーチする

東建コーポレーションのお世話になって,

現在2棟のアパートを経営させていただいているが,

今週の土曜日に,オーナーたちの学習会みたいなもので短時間のスピーチをして欲しいという。(3人やるらしい)

「お世話になっている」のは確かなので,

私も担当者さんに感謝の意味で何かしゃべりたいと思うので,そのメモをここに書いておきたい。

パワーポイントの写真が背後に流れるのを使ってのものである。(15分)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かんたんな自己紹介(還暦。もと中学社会の教員。現在古代史の研究中)

【エクセル・ラポートについて】

表看板(バレーボールで,球をレシーブしている場面。母の選択。「世代間の受け渡し」と私は解釈)

母が怪しい男たちに取り囲まれて,また騙されようとしている!

「私が次の代の経営をする予定です。母にも「全権委任」されています。詳しい話を聞き,私が判断しますので,

すべての資料を持って〇〇に来て下さい!」と連絡する。(資金をどうするか。「7割保障」という仕組み)

「私自身が納得できたので,契約させてもらうことになった」という話。

庭の樹木の一掃。

【エクセレンスⅡについて】

表看板(エクセレンス肥沼→エクセレンスⅡ。「2代目」という意味)

私の退職の時期と重なっていた。しかも,母は「前のアパートのローンの残額」についてよく知らなかった。(残〇〇〇〇万)

残額の清算。新たな気持ちで2棟目の計画へ

父の遺言で,すでに私は「土地所有者」になっていた!(土地と建物では,相続税が雲泥の差)

退職金の一部で,北側の「水路敷」を買い取り,資産価値の向上を図る

ゴミの分別の心配(2棟になるということは,単純に量も2倍になるということ)

感謝の言葉・・・「ご清聴」より「楽しく聴いていただけて」というようになるように持って行きたい

うまくいくかどうかは「神野のみぞ知る・・・」です。

« 楽天が投打が噛み合い33勝目 | トップページ | 新たな「東偏国府」を求めて »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天が投打が噛み合い33勝目 | トップページ | 新たな「東偏国府」を求めて »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ