« 頭慢ライブ@たかしの店(石垣島)2019・6・22 | トップページ | 息子の手料理 6/28 »

2019年6月28日 (金)

「正福寺案内~10のポイント」と「東山道武蔵路~木も見て森も見て」

「夢ブログ」にも登場した上記二編の短編が,

地元の郷土研究会の冊子に掲載予定(7月号と8月号)です。

いずれも1ページものですが,

わかりやすく興味深い内容を選んだつもりです。

掲載予定のものがあるというのは,気持ちをウキウキさせます。

さらに「東山道武蔵路」の方は,「ぜひ続編を・・・」と言われており,

今その構想を練っているところです。

まず,木下良さんの「古代官道の研究」を紹介したいです。

そして,最終的には,全国的に広がる官道をいつ誰が作ったのかに迫りたいです。

Photo_20190628102301

東の上遺跡(埼玉県所沢市)

Photo_20190628102601

西国分寺の直線道路(東山道武蔵路を地上に表現。

両脇の黄色が側溝です。幅12m×長さ340m。

もちろん北上すれば東の上遺跡に行きます)

 

 

 

« 頭慢ライブ@たかしの店(石垣島)2019・6・22 | トップページ | 息子の手料理 6/28 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥さんへ
おめでとうございます。

>「東山道武蔵路」の方は,「ぜひ続編を・・・」と言われており,今その構想を練っているところです。

肥さんといえば「東山道武蔵路」というくらいに精通されてらっしゃるから、「ぜひ続編を・・・」と言われるのは当然でしょう。「ぜひ続々編を・・・」と言わせるような続編を期待してます。(すみません、ハードル上げてしまった?)

山田さんへ
コメントありがとうございます。

「古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?」の前史は,
木下良さんたちの古代官道の研究にあるので,
まずそれを押さえ,それを一元史観→多元史観へと向かわせたいと思っています。
「いつ」「誰が」「何のために」ということを明らかにするのが歴史学だと思うので…。
官道→駅鈴→国府・国分寺→東偏→方位と,「すべての研究の出発」は道から始まりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 頭慢ライブ@たかしの店(石垣島)2019・6・22 | トップページ | 息子の手料理 6/28 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ