« 息子の手料理 6/9 | トップページ | 二度あることは三度あるか? »

2019年6月 9日 (日)

『たの授』6月号の感想

仮説社御中
東村山市の肥沼です。
『たの授』6月号の感想を送ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

特に良かったのは,次の3点です。

(1)言葉のなりたちを調べる意義(板倉さん)

板倉さんは,授業書を作る時などに,大変ことばの定義にこだわる方でした。
特に社会の科学の授業書では,立場によってことばの定義が違っていたりして,
きっと,それを超える授業書を作ろうとされていたのでしょう。熱が入りました。
私は幸い,授業書開発講座や社会の科学の集中研究会でそういう場面に接していたので,
よく覚えているのです。  

(2)〈ことばの意味〉を書く授業(舘)

自分たちの『国語辞典』を作ろうということで始めた小学校3年生との授業。
楽しみつつ苦労しつつ作り上げた「自分たちの『国語辞典』」は,きっと子どもたちの
一生の宝物になったのではないでしょうか。資料もたくさん付けられていて,追試可能です。

(3)ことばは人間が変えていくもの(村上さん)

6月号の担当である村上さん。『ことばの授業』(仮説社)の著者だけあって,
これまでのことばについての板倉さんの論考を追ってくれていてありがたいです。
そして,「ことばは人間が変えていくもの」というまとめは,勇気を与えてくれるものです。

Img_2931

« 息子の手料理 6/9 | トップページ | 二度あることは三度あるか? »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 息子の手料理 6/9 | トップページ | 二度あることは三度あるか? »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ