« 横浜・読書会 6/3 | トップページ | 山下清の働いていた店 »

2019年6月 4日 (火)

外城遺跡(石岡城)を訪ねて

私が今回訪問した外城遺跡は,歴史の中でいろいろ利用されてきた。

古代・・・茨城評衙として(これが私の言いたいところだが)

中世・・・石岡城として(南に恋瀬川,それ以外は堀に囲まれている)

現代・・・日当たり良好なので,農家がビニールハウスをやっている

私は現地を訪ね,古代の茨城評衙の様子を知りたかったのだ。

(1)茨城廃寺と同じ地区にあり,古瓦なども出ている

(2)付近は,国府地区と呼ばれている

(3)東偏の形をしている

(4)正方位に変化した時の土地も隣接する(その北西の戌亥の方角に,月天宮=がってんぐう)

Photo_35

できたら,石岡市教育委員会の発行した「外城遺跡発掘調査報告書」(1986年)を

読んでみたいと思っている。

茨城県立図書館(水戸市)に置いてあるという。

【外城遺跡発掘調査報告書】

https://www.lib.pref.ibaraki.jp//licsxp-opac/WOpacMsgNewListToTifTilDetailAction.do?tilcod=1001000392629

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_2819

石岡城(外城遺跡)の案内板・・・タクシーの運転手さんも「初めて知った」

Img_2820

恋瀬川に向かって緩やかに下る。日当たり良好

Img_2822

カーナビには「岡田稲荷神社」は出ていた

Img_2821

城の北側と東側に残る堀

Img_2826

正方位の土地の戌亥(北西)を守る月天宮(がってんぐう)

Img_2827

タクシーを急に止めて,すいません!

この後,石岡小の歴史資料館を訪問したのですが,

月曜日は休館でした。残念!

Img_2828

 

 

 

« 横浜・読書会 6/3 | トップページ | 山下清の働いていた店 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜・読書会 6/3 | トップページ | 山下清の働いていた店 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ