« 『たの授』における「板倉聖宣アーカイブズ」 | トップページ | 「倭武天皇」の巡幸地図 »

2019年6月 1日 (土)

楽天がソフトバンクとの接戦を制し28勝目

楽天がソフトバンクとの接戦を制し28勝目をあげた。

楽天400000200計6

ソフト000111020計5

岸・ブセニッツ・宋・松井ー堀内・嶋

岸1勝0敗0S

松井1勝1敗15S

ブラッシュ16号2ラン

1回表,浅村と銀次のタイムリーに続き

ブラッシュの2ランが飛び出して,いきなり4点を先取。

大量援護をもらった岸は,6回を3失点で試合を作る。

1点ずつ追い上げられ4ー3となった7回表,

二死満塁から島内が右前2点タイムリー,差を3点と開いた。

しかし,ソフトバンクも粘り8回裏に宋から2点を奪い6―5の1点差。

だが,最後は松井が9回裏を締めて勝った。

楽天はこの2試合で,5連勝中の2投手(千賀と高橋礼)を相手に

今季初の負けを付ける大勝利だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーロー・インタビュー】

Photo_32

記者:今日は初回から打線が先制点をとってくれて4点援護の中でのマウンドとなりました。表情は変わらずに見えましたが内心はいかがでしたか。
岸選手:初回の4点がすごく気持ちを楽にさせてくれたので助かりました。

記者:そして今日は6回を投げて4被安打。内容を振り返っていかがでしょうか。
岸選手:ホームランで失点するのがほとんどなので、今後は気を付けていきたいなと思います。

記者:今日の勝利で今シーズン初勝利となりました。
岸選手:ありがとうございます。

記者:ここまでおよそ2か月間という期間になりましたが、この2か月間の気持ちはいかがでしたか。
岸選手:しっかりと治してチームに早く貢献したいなという気持ちでずっといましたから、ここからはしっかりと仕事していきたいなと思います。

記者:今日の勝利でチームは単独首位となりました。
岸選手:はい。

記者:次回の登板は交流戦になるかと思いますが、次回の登板に向けての意気込みをお願いします。
岸選手:とりあえず交流戦前最後の試合をみんなで勝って、交流戦に気持ちよく入れるようにみんなで頑張りたいと思います。

« 『たの授』における「板倉聖宣アーカイブズ」 | トップページ | 「倭武天皇」の巡幸地図 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『たの授』における「板倉聖宣アーカイブズ」 | トップページ | 「倭武天皇」の巡幸地図 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ