« 菖蒲まつり 2019 | トップページ | 外城遺跡(石岡城)を訪ねて »

2019年6月 4日 (火)

横浜・読書会 6/3

外城遺跡からとんぼ返りして,午後3時から上記の会(清水さん主宰)に参加した。

参加者は,9名。いつもと違う階の部屋であせったが,なんとか間に合った。

前半に2つの資料を発表させていただいた。

(1)「外城遺跡は,その昔〈茨城評衙〉だった!」・・・中世には石岡城だったが,

古代には茨城評衙で,茨城廃寺とペアを組んでいた。

その証拠としての東偏の土地と正方位になってからの土地(北西の戌亥に月天宮あり)。

「柱穴は出ていないの?」という質問が出たのは,「柱穴が出れば東偏遺跡と認める」という表れで,

散々この研究会で「東偏」「東偏」と続けてきた成果が出てきたともいえるかも。

Photo_34

(2)「オープンエンドの方がいいのかな?」・・・この夏~秋の企画。

古田説の紹介でスタートするというのは,悪くない。「まあ,頑張って下さい」という感じ。

その後は,清水さんの資料や前回のまとめ。

最後に古田武彦著『失われた九州王朝』の輪読をして,午後5時半に終わった。

皆さんは居酒屋へ,私は新秋津の居酒屋ヘ。

 

« 菖蒲まつり 2019 | トップページ | 外城遺跡(石岡城)を訪ねて »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 菖蒲まつり 2019 | トップページ | 外城遺跡(石岡城)を訪ねて »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ