« ユリの花 | トップページ | 息子の手料理 6/9 »

2019年6月 9日 (日)

2つの王朝の栄枯盛衰~考古学も「輪切り」の時代へ

一元史観の人たちはいざしらず,

九州王朝説を支持する多元史観の人たちは,

九州王朝が栄えた時期と近畿王朝が栄えた時期の

二つの時期があることを知っているはずだ。

(大雑把に600年頃と700年頃としよう)

では,これを図に描いたらどうなるだろうか?

昨日飯能・日高サークルで古代史研究の進行状況について話した時,

こんな図を描いてみた。

Img_2926

なんだか「双コブ駱駝」の背中のような感じである。

もし,この図を認めていただけるとして,

この2つの王朝が栄えては滅んでいく様子を表すような

数百年に渡る建築の様子を表している遺構があったら奇跡だろう。

実はその奇跡に近い意向を泉官衙遺跡(福島県)に見つけたのだ。

Img_2504_2

藤木海著『南相馬に躍動する古代の郡役所・泉官衙遺跡』(新泉社)の図がそれである。

左側に縦に並んでいるⅠ期(東偏)とⅡ期a(正方位・最盛期)とⅡ期b(正方位・白村江の敗戦以降)が九州王朝。

右側に縦に並んでいるⅢ期a(正方位・最盛期)とⅢ期b(正方位・次第に律令制衰退)Ⅲ期c(正方位・見る影もなし)が近畿王朝。

残念ながら著者は一元史観の方のようで,年代判定も100年以上後代にズレているが,

それを修正すれば6世紀後半から7世紀前半がⅠ期のスタートで九州王朝の東偏→正方位への変更の時期となる。

今は体内の様子も,「輪切り」で見られる時代となった。考古学の遺構も「輪切り」で見る時代を迎えようではありませんか。

« ユリの花 | トップページ | 息子の手料理 6/9 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ユリの花 | トップページ | 息子の手料理 6/9 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ