« 楽天がソフトバングに3連勝し29勝目 | トップページ | 和食処「楽屋(ささや)」の夜は更けて »

2019年6月 3日 (月)

オープンエンドでいいのかな?

最終的に「方位の考古学」の提唱まで持って行きたい新ガリ本ですが,

あまり力が入り過ぎた投手が速い球を投げられず,

また力んだ打者が遠くへ球を飛ばせられなくなることに鑑み,

自然体でオープンエンドなものがいい気がしてきた。

ということで,構成を大きく3部に分けてみる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.古田武彦氏の「九州王朝説」を知っていますか?

(1)『「邪馬台国」はなかった』の紹介から,海外史書から古代日本をみる視点・・・「邪馬壹国」と「邪馬台国」

(2)『失われた九州王朝』から古代日本をみる視点・・・「九州王朝はいつからいつまで続いたか」「九州年号」「倭の五王」

(3)『盗まれた神話』から古代日本をみる視点・・・教科書では併記される「古事記」と「日本書紀」の比較研究

2.これまでの私の研究

(1)授業プラン「〈邪馬台国〉はどこだ!」・・・考古出土物の分布図から「邪馬台国」のありかを探る。1992年作成

(2)二倍年暦の実例になるか?~滝沢馬琴の「玄同方言」に登場する高齢一族・・・「多元」2001年・2月

(3)房総半島から八丈島が見えた!・・・「多元」2007年・1月

(4)古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?・・・「古田史学会報」2012年・2月→『発見された倭京』2018年

(5)九州王朝は,駅鈴も作ったか?・・・『発見された倭京~太宰府都城と官道』2018年

3.現在進行形の私の研究

(1)多元的「国分寺」「国府」研究(「国分寺建立の詔」を読んだことがありますか?「国分寺」はなかった!)・・・川瀬さん山田さんと

(2)「方位の考古学」の提唱(焚書にも放火にも滅亡にも耐えて,証拠は地下に残る。東偏・西偏・正方位の意味)・・・川瀬さんと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな感じで,50~100ページのガリ本が作れないかなと思っている。

部数も多くして,すぐ残部がなくなることのないようにしたいし,古代史セミナーでも頒布したい。

« 楽天がソフトバングに3連勝し29勝目 | トップページ | 和食処「楽屋(ささや)」の夜は更けて »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

一気に第2ラウンドの充実した内容で成果が表れてきましたね。
地域デビューも豊かなものになっていますね。

さすがに肥さん素晴らしいことですね。

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

これまで蓄積したものをアウトプットしつつ,
日常の努力も続けていきたいです。
これからも「夢ブログ」を通した応援を
よろしくお願いします。

多元的国分寺研究は、私とだけではなく、山田さんをお忘れなく。あれは私と山田さんが議論して進めたものですよ。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

その通りです。
いま手を引かれているので,書きませんでした。
さっそく補います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天がソフトバングに3連勝し29勝目 | トップページ | 和食処「楽屋(ささや)」の夜は更けて »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ