« 外城遺跡と茨城廃寺の資料 | トップページ | 茨木のり子の「六月」という詩 »

2019年6月 1日 (土)

「常陸国風土記」における倭武天皇の登場記録

川瀬さんから新しいテーマをいただいたのでやってみることにします。

「常陸国風土記」に登場する謎の人物・倭武天皇です。

普通ヤマトタケルのことだと解釈したりしますが,どうもあやしい。

(別に,倭建という表現も出てくる。しかも,ヤマトタケルは天皇ではない)

私たちは多元史観で,九州王朝説を支持しているので,その眼鏡で観てみたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 序  「衣手、常陸の国」

 また、倭武(やまとたける) の天皇が、東の(えみし)の国をお巡りになったとき、新治の県を過ぎるころ、国造のひならすの命に、新しい井戸を掘らせたところ、新しい清き泉が流れ出た。輿をとどめて、水をお褒めになり、そして手を洗はうとされると、衣の袖が垂れて泉に浸った。袖をひたしたことから、「ひたち」の国の名となったともいふ。諺に、「筑波嶺(つくば ね)に黒雲かかり、衣手(ころもで)ひたちの国」といふ。

◆ 一、新治郡 「白遠ふ新治の国」

倭武天皇ではないが,昔,美麻貴の天皇(崇神天皇)がこの地を平定するためにひならすの命を遣わした。ひならすの命がこの地で新しい井戸を掘ると、清き水が流れ出た。新しい井をったことから、新治の名がついた

◆ 二、白壁郡 

   (記載なし)(筑波山西北、真壁、明野あたり)

◆ 三、筑波郡 「握り飯、筑波の国」

   ……富士の神と筑波の神、歌垣など。(筑波山南西、毛野川(小貝川)郡家=筑波山南麓)

四、河内郡 

   (記載なし)(今のつくば市周辺)

五、信太郡(しだ)  
 

   ……葦原、乗浜など(南部、霞ヶ浦の西、竜ヶ崎市など、郡家=美浦村付近)

倭武天皇の前に,以下の井戸説話が入る。

 郡より北十里のところに、碓氷がある。昔、大足日子(おほたらしひこ)の天皇(景行天皇)が浮島(うきしま)(とばり)の宮に行幸されたときに、飲み水に困った。そこで占部(うらべ)をして占ひをさせて、井戸を掘らしめた。その井戸は、今も雄栗(をぐり)の村にある。

 昔、倭武の天皇が海辺を巡幸して、乗浜のりはまに至ったとき、浜にはたくさんの海苔が干してあった。そのことから「のりはまの村」と名付けられた。

◆ 六、茨城郡 「水泳る茨城の国」

   ……高浜に来寄する波…(中南部、 郡家=石岡市、国府も)

「茨の城」を作って国巣(つちぐも)を対峙したという,茨城の地名説話がある。

郡より東十里のところに、桑原(くははら)の岡がある。昔、倭武の天皇が、この岡の上に留まられたとき、神に御食(み け)を供へるとともに水部(もひとりべ)に新しい井戸を掘らしめた。この清く香ぐはしい泉の水をおいしさうに飲み干され、「よくたまれる水かな」とおっしゃったので、この里の名を、田餘(たまり)といふやうになった。

◆ 七、行方(なめかた)郡「立雨ふり、行方の国」

   ……夜刀の神、建借間命など(霞ヶ浦内の半島部 潮来から北、郡家=玉造町南部)

 昔、倭武の天皇が、天の下を巡幸され、霞ケ浦より北を言向けられたとき、この国を過ぎ、槻野の清泉(いづみ)に出たとき、清水で手を清め、玉をもって井戸をお褒めになった。これが玉の清井といはれ、今も行方の里にある。
 さらに車駕で国を巡り、現原(あらはら)の丘で神に御食を供へた。そのとき天皇は、四方を望み、侍従におっしゃった。「車を降りて歩きつつ眺める景色は、山の尾根も海の入江も、互ひ違ひに交はり、うねうねと曲がりくねってゐる。峰の頂にかかる雲も、谷に向かって沈む霧も、見事な配置で並べられて(並めて)ゐて、繊細な(くはしい)美しさがある。だからこの国の名を、行細(なめくはし)と呼ばう」。行細の名は、後には、行方(なめかた)といふやうになった。諺に「立雨(たちさめ)ふり、行方の国」といふ。また、この丘は、周囲からひときは高く顕はれて見える丘なので、現原と名付けられた。
 この丘を下り、大益河(おほや がは)に出て、小舟に乗って川を上られたとき、棹梶が折れてしまった。よってその川を無梶河(かぢなしがは)といふ。茨城、行方二郡の境を流れる川である。無梶河をさらに上って郡境まで至ると、鴨が飛び渡らうとしてゐた。天皇が弓を射るや、鴨は地に堕ちた。その地を鴨野といふ。土は痩せ、生ふ草木もない。

その後に,「夜刀(やつ)の神」の説話あり。

 郡より東北へ十五里のところに、当麻の郷がある。昔、倭武の天皇の巡行の折りにこの郷を巡ったとき、鳥日子とりひ こといふ名の佐伯が、命に反逆したので、これを討った。そして屋形野の帳の宮に向かったが、車駕の行く道は、狭く、たぎたぎしく(凸凹してゐて)、悪路であったことから、当麻と名付けられた。野の土はやせてゐるが、紫が繁る。また香取、鹿島の二つの社がある。その周囲の山野には、檪、ははそ、栗、柴などが林をなし、猪、猿、狼が多く住んでゐる。

 当麻より南に、芸都き つの里がある。昔、寸津比古き つ ひこ寸津比売き つ ひめといふ二人の国栖がゐた。寸津比古は、天皇の巡幸を前にして、命に逆らひ、おもむけに背いて、はなはだ無礼な振る舞ひをしたので、剣の一太刀で討たれてしまった。寸津比売は、愁ひ恐こみ、白旗をかかげて道端にひれ伏し、天皇を迎へた。天皇は憐れんでみ恵を下し、その家をお許しになった。更に乗輿を進め、小抜野を ぬきのの仮宮に行かれるときに、寸津比売は、姉妹をともに引き連れ、雨の日も風の日も、真の心を尽くして朝夕に仕へた。天皇は、そのねんごろな姿をお喜びになり、愛はしみになったことから、この野をうるはしの小野といふやうになった。

芸都の里の南にの里がある。息長足日売おきながたらしひめの皇后(神功皇后)の御世に、この地の古都比古こ つ ひ こといふ人物は、三たび韓国に遣はされた。その功労に対し、田を賜ったことから、その名となった。また波須武は ず むの野は、倭武の天皇の仮宮を構へ、弓筈ゆはずをつくろったことから、名づけられた。野の北の海辺に香島の神の分社がある。土はやせてゐて、檪、柞、楡、竹などがまばらに生へてゐる。
 田の里より南に相鹿あふか大生おほふの里がある。昔、倭武の天皇が、相鹿の丘前をかざきの宮に留まられたときに、膳炊屋舎おほひ ど のを浦辺に建てて、小舟を繋いで橋として御在所に通はれた。大炊おほひから大生おほふと名付けた。また、倭武の天皇の后の大橘比売おほたちばなひめの命が、大和から降り来て、この地で天皇にお逢ひになったことから、安布賀あ ふ かの邑といふ。

◆ 八、香島郡 「霰ふる香島の国」

   ……鹿島の神、童子女の松原、白鳥の里ほか(東南部、大洗町以南の鹿島灘、郡家=鹿島神社前)

毎年七月に、舟を造って、津の宮(霞ヶ浦浜の分社)に奉納してゐる。そのいはれは、昔、倭武の天皇の御世に、天の(香島)大神が、中臣の巨狭山命に、「今、御舟を仕へまつれ」とおっしゃった。巨狭山の命は、「つつしんで大命を承りました。敢へて異論はございません」と答へた。大神は、夜が明けて後に、「汝の舟は海の上に置いた」とおっしゃった。そこで舟主の巨狭山の命が、探して見ると、舟は岡の上にあった。大神は、「汝の舟は岡の上に置いた」とおっしゃった。そこでまた巨狭山の命が探し求めると、舟は海の上にあった。こんな事を何度も繰り返してゐるうちに、巨狭山の命は恐れ畏み、新たに長さ三丈余りの舟を三隻造らせて献った。これが舟の奉納の始まりである。

 その南に広がる広野を、角折の浜といふ。由来は、昔、大きな蛇がゐて、東の海に出ようとして、浜に穴を掘って通らうとしたが、蛇の角が折れてしまったといふ。そこから名付けられた。また別の伝へに、倭武の天皇がこの浜辺にお宿りになったとき、御饌を供へるに、水がなかった。そこで鹿の角で地を掘ってみたら、角は折れてしまった。ここから名付けられた。(以下略)

◆ 九、那賀郡    

   ……くれふし山の蛇など(中部、那珂川流域、郡家=水戸市南西)

◆ 十、久慈の郡

   (北部、久慈川流域 郡家=水府村付近)

 昔、郡家の南近くに、小さな丘があり、そのかたちが鯨に似てゐたことから、倭武の天皇が、久慈と名付けられた。

◆ 十一、多珂郡 「薦枕、多珂の国」

   (北東部、日立市以北、 郡家=高萩市付近)

◆ 十二、補遺  

     (風土記逸文などから)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【作業を終えて】

コピー&ベイストの作業だったので,そんなに時間は掛からなかった。

倭武天皇も含め,地名説話ばかりだ。

今と違って「名前を付ける・地名を付ける」というのは,支配宣言のような意味があったのではないか。

今でも「名付けの親」という言葉があるし。

又,井戸作りの説話が多い。現在でいうと,「水道敷設事業」で,

ただ武力だけで相手を支配することはできないので,

住民の生活を改善するための「公共事業」も必要だったのかもしれない。

 

 

« 外城遺跡と茨城廃寺の資料 | トップページ | 茨木のり子の「六月」という詩 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 おつかれさまです。
 ずいぶんあるのですね。なるほど地名説話だ。それも水に関することが多い。
 この地名の場所を地図にするとどういうことになるのでしょうね。誰が倭武天皇説話の地図をつくっていないだろうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 外城遺跡と茨城廃寺の資料 | トップページ | 茨木のり子の「六月」という詩 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ