« 「野良」のルーティン | トップページ | 楽天が投打が噛み合い23勝目 »

2019年5月22日 (水)

ロの字柵列連結型・ロの字長舎連結型・コの字型は古く,ロの字回廊型・品字型は新しい

本日神保町の三省堂で本を買ってきた。下の本である。

奈良文化財研究所が毎年開催しているシンポジウムの2013年のまとめで,

『古代官衙』の江口桂さんや『南相馬に躍動する古代の郡役所・泉官衙遺跡』の藤木海さんも参加されていた。

Img_2701

なぜ買ったかというと,今方位についての「全国の遺跡の悉皆調査」を行っている訳だが,

もう1つ「建物の類型変遷」についても行けそうな気がしたからである。

下の表を見てもらいたい。(P150の表5)

Img_2702

これによると,ロの字柵列連結型・ロの字長舎連結型・コの字型は古く,ロの字回廊型・品字型は新しい

その差1世紀(100年)と言ってもいいと思う。(実際には,時期は100年早まると考える)

多元的古代研究において,この差は九州王朝と近畿王朝のピークの差と言っても過言ではないと思う。

しかも,両者は規模だけでなく,評庁や郡庁を建てる際の類型がかなり違うようだ。

まるで九州王朝の親分である南朝と近畿王朝の親分である北朝(唐)との差のようにも見える。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【参考・・・郡庁建物変遷図】

Img_2703

Img_2704

Img_2705

 

« 「野良」のルーティン | トップページ | 楽天が投打が噛み合い23勝目 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「野良」のルーティン | トップページ | 楽天が投打が噛み合い23勝目 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ