« 「野良」危機一髪 | トップページ | 「方位の考古学」のパンフ »

2019年5月15日 (水)

桂川潤さんの著書

先日の赤門塾・さつき祭は,桂川潤さんの装丁の仕事が中心だった。

私より5日早くこの世に生を受け,私には考えられないくらいたくさんの装丁をされてきた。

その中の70冊(全部で2000冊!)についての展示だったが,

その中には長谷川先生の作品も4冊あり,桂川さん自身の本も2冊入っていた。

(なんとか1冊は,私のものもやっていただけたらうれしいです)

桂川さんの著作を入手したので,紹介しようと思う。

Img_2507

装丁の 仕事に知あり さつき祭 (肥さん)

« 「野良」危機一髪 | トップページ | 「方位の考古学」のパンフ »

プロフェッショナル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「野良」危機一髪 | トップページ | 「方位の考古学」のパンフ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ