« 楽天が中日にリベンジ | トップページ | 「屯倉」の全文検索の中に「駅馬」「駅」「駅家」&「駅鈴」「鈴」を入れてみたら »

2019年3月18日 (月)

「駅家」の全文検索


▼日本書紀 巻第二十八 天武天皇紀上
家籬爲燭。及夜半到隱郡、焚隱驛家、因唱邑中曰「天皇入東國、故人夫諸參赴。」然一人不肯來矣。將及横河有黑雲、廣十餘丈經天。時、天皇異之、則舉燭親秉式占曰「天下兩分之祥也。然朕遂得天下歟。」卽急行到伊賀郡、焚伊賀驛家。逮于伊賀....→ このページで合計2件ヒット
▼日本書紀 巻第二十九 天武天皇紀下
還宮之日、看群卿儲細馬於迹見驛家道頭、皆令馳走。庚午、縵造忍勝、獻嘉禾、異畝同頴。癸酉、大宅王卒。九月戊寅朔癸巳、遣新羅使人等、返之、拜朝。庚子、遣高麗使人・遣耽羅使人等、返之、共拜朝庭。冬十月戊申朔己酉、詔曰「朕聞之、近日暴惡者....→ このページで合計1件ヒット

「駅馬」「駅」は古くから出てくるが,「駅家」は天武のみで3つ。これは驚き!

« 楽天が中日にリベンジ | トップページ | 「屯倉」の全文検索の中に「駅馬」「駅」「駅家」&「駅鈴」「鈴」を入れてみたら »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天が中日にリベンジ | トップページ | 「屯倉」の全文検索の中に「駅馬」「駅」「駅家」&「駅鈴」「鈴」を入れてみたら »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ