« リニューアルによる不具合 | トップページ | デニブランとブレンドコーヒー »

2019年3月26日 (火)

『古代国家形成の舞台~飛鳥宮』

鶴見泰寿著,新泉社刊,1600円+税の上記の本を入手した。

新知見を得られれば幸いである。

Img_1699


・Ⅰ期遺構は西偏20~25度西偏。石敷きや石列,柱列などがあり,重複関係などから7世紀第2四半期~7世紀中頃とみられる。

Ⅱ期遺構からは正方位。

・Ⅱ期遺構とⅢ期遺構は重複していて,Ⅱ期を追及するとⅢ期遺構を壊すことになり,部分的にしか遺構を検出できない。

・Ⅱ期遺構は,柱列と溝で区画されていた。その後.難波宮へ。

・Ⅲ期ーA・・・石組みの溝が周囲を取り囲んでいる。東辺が南北の正方位なのに,西辺は西偏していて,逆の台形。

・こぶし大の石敷きと,礫敷きで,格の違いを表しているようだ。(上位者と下位者)

・Ⅲ期ーB・・・東南部に「エビノコ郭」等を造る。梁行9間×桁行5間で,飛鳥宮最大の建物。石敷き&礫敷き。西に5間×2間の門。

一番外側に石組みの排水溝がある。その深さは約1mで,底石も敷かれた立派なもの。(溝の幅はどれくらいかな?)

 

« リニューアルによる不具合 | トップページ | デニブランとブレンドコーヒー »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リニューアルによる不具合 | トップページ | デニブランとブレンドコーヒー »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ