« 楽天がラルゴとの試合を引き分ける | トップページ | 郡山遺跡を「方位の考古学」で見てみる »

2019年3月 3日 (日)

『古代日本の発明発見物語』

玉利勲著,国土社刊の上記の本が,
古代史の授業プランや読み物に使えないかと思っている。

Img_1141_3

きっかけは昨日のニコたのサークルの際,
福嶋さんが飛鳥山博物館(東京都北区)の学芸員さんと知り合いになり,
近くの「中里貝塚」について資料を作ってみたいということらしい。
私に協力できることは何かと思って,とりあえず発明発見物語を紹介した。

Img_1142

Img_1144

Img_1145

授業書の高見を目指すのは大変なので,
発明発見物語を書くことからスタートするといいと思う。(o^-^o)

« 楽天がラルゴとの試合を引き分ける | トップページ | 郡山遺跡を「方位の考古学」で見てみる »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天がラルゴとの試合を引き分ける | トップページ | 郡山遺跡を「方位の考古学」で見てみる »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ