« メール・ブログともに快調です! | トップページ | 府中市役所遺跡(13) »

府中研究会 3/20

昨日も,ふるさと府中歴史館で川瀬さんと研究会を行った。
課題は,各地区の年代判定の確認だった。
大雑把にはつかんでいるのだが,担当者はどう説明しているのか知りたいためである。
B地区・・・クルル鉤がヒントで,役所・役人邸・菜園などの存在あり。
      平安前期の竪穴住居を切っているので,そのあとの時期か。
      1033次の西偏・1062次の東偏と近くにあるが,前者に軍配か。
E地区・・・甲州街道の南北には正方位の地域があり,正方位は時の権力が建てた建物群(官衙)と考えられる。
      出土物から8世紀代と判断されている。九州王朝の官衙か。近畿王朝の官衙か。
        国分寺へ
         ・       【☆東偏→正方位】予想図
         ・
         ・  【評督邸→郡長邸】
 旧甲州街道 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         【評庁→郡庁】 【多磨評寺→多磨郡寺】
初期国分寺に接する国衙・国庁だったら東山道武蔵路で構わないが,
今の「国衙」あたりだと東海道に編入されるのもうなづける。
また,府中は国衙も置かれる特別な都市だったので,
他の郡衙と違って建物も正方位にされたのではないか。(他は東偏のままだったりする)
最後に,川瀬さんが半畳ほどもある巨大なカラー印刷の掘立柱建物分布図を見つけ,
この9か月の研究を思い出しながら眺めた。(縮尺のめもりが,10倍違ってました。笑)
そして,閉館時間の午後5時を迎えた。
ラストの研究会は,3月27日(水)。
昨日やれなかった地区の年代判定を考える。
例会後,府中本町駅構内の喫茶店で,お疲れ様会。
パソコンの話や「部活動手当」拒否闘争の話など。
Img_1588
Img_1590
Img_1589

|

« メール・ブログともに快調です! | トップページ | 府中市役所遺跡(13) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

▼各地区の年代と性格について。

●区画B:国衙遺跡の西北。区画溝と内部の掘立柱建物双方とも西偏。南に開いたコの字型の建物配置。氷室や大型井戸有。ということで官衙遺構でもしかしたら、郡衙か郡の正倉院。年代は9世紀中頃までに廃絶。
 この遺構のすぐ西側・区画溝に接した地帯に、西偏の大きな多面廂の建物二つ(1033次発掘)。この建物の北側東側に広い畑と思しき畝あり。したがってこの西偏の大きな多面廂の建物が郡の高級役人の役宅か。

●区画Bの西南、1033次の大型建物の南側に、東偏の多面廂の大型建物(1062次発掘)。ここから役所の門や倉庫の鉤としてつかわれる「クルル鉤」が出土。年代は平安時代初頭の竪穴建物群を掘立柱建物が壊しているので、平安時代中ごろ以降か?この建物のさらに南、東西を走る府中街道に面した箇所あたりに、平安中頃から鎌倉期の武蔵国庁があった可能性あり。

●区画E:国衙遺跡の府中街道を挟んだ北側。国分寺とつながる幅12mの南北道路に面したところ。大型の区画溝に囲まれた官衙と思しき遺跡。大きな正方位の掘立柱建物あり。また北東部に国府域最大規模の製鉄遺構あり。年代は8世紀初めの竪穴建物群が集まったところを壊して掘立柱建物群出現。したがって8世紀中ごろの官衙遺構。9世紀中頃には内部に多数の竪穴建物群が出現するので、この時期には廃絶か。

●区画A:国衙域の北東にある東偏の区画溝に囲まれた東偏の官衙。巨大な井戸あり。時代は8世紀第一四半期と。

 したがって
1:区画Aとその南の多摩寺とその西の国衙域の東偏官衙遺構はすべて同じ年代。8世紀初頭。100年あげて7世紀初頭。国衙域の東偏官衙が多摩評庁なら、区画Aが多摩評督の役宅で、多摩寺は多摩評寺。すべて九州王朝時代。

2:区画Eの正方位の建物群と国衙域の正方位の掘立柱建物群はほぼ同じ8世紀中ごろのもの。
 100年年代をあげれば7世紀中頃となり、九州王朝時代の最後。この時期の初期国庁が国分寺のすぐ南にあったとしたら、国衙域の正方位の建物群が多摩評庁で、その道路を挟んだ北側の区画Eは多摩評督の役宅か?

 このEの北側と西側にも多くの大規模な多面廂の建物を伴う官衙群が存在する。
 二つの南北道に挟まれた国衙域の北側には「多研」と墨書された硯の土台出土。ここも多摩郡庁と推定されている。いつの時代の多摩郡庁なのか。
 国衙域の正方位の掘立柱建物群が正方位の礎石瓦葺建物に建て替えられたのが9世紀中頃までとされている。100年時代をあげれば8世紀中頃聖武朝あたり。これが奈良時代の武蔵国庁であれば、ここにあった多摩評庁⇒郡庁は、そのすぐ北側に移動したか? この箇所の官衙群の年代を知りたい。

 以上が先週と昨日の府中研究会で確認した各官衙遺構の年代とその性格についての分析。
 次回は国衙遺跡の北側の官衙遺構群の時代と性格を確認したい。これで府中の官衙遺跡の分析は終了。

投稿: 川瀬 | 2019年3月21日 (木) 17:41

昨日コメントを入れておいたけど、どうして反映されないのかな?

投稿: 川瀬 | 2019年3月22日 (金) 13:13

川瀬さんへ

>昨日コメントを入れておいたけど、どうして反映されないのかな?

コメントを「アップする方法」が変わってしまいました。
(ブログの様子は変わらないですが)

投稿: 肥さん | 2019年3月22日 (金) 16:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メール・ブログともに快調です! | トップページ | 府中市役所遺跡(13) »