« 今日は「運動量」が多い予定 | トップページ | 『東アジアに開かれた古代王宮・難波宮』 »

九州王朝の天皇は,白村江の戦い以降どこにいたか?

各地のいろいろな遺跡の発掘図を見ているうち.
こんなことを考えるようになってきた。
すなわち.「九州王朝の天皇は,白村江の戦い以降どこにいたのか?」だ。

また,天武は飛鳥宮にエビノコ郭を造り,難波宮に東方官衙を造り,
持統の時代には藤原宮の真ん中に特別区を造ったが,
その時どんなところにいたかと思ったのだ。

つまり,それらの場所には近畿の天皇(当時は大王)が住む
その格以上の御殿が建てられているのだ。
その御殿は゜ほかでもない,九州王朝の天皇のために
造られたものではないかと考えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

番号   誰が    どこに    何を造った           大体の年代の予想   関係事件

(1)   天智    近江京    太い柱の御殿         663年くらい     白村江の戦いの敗北で拉致か   
(2)   天武    飛鳥京    エビノコ郭(四面庇)      670年くらい    

(3)   天武    難波京    東方官衙(四面庇)      680年くらい       

(4)   持統    藤原京    南朝風の都           690年くらい      

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それぞれの遺跡の発掘図を見ていただくと,さらに説得力があると思う。
古い順に見ていただくことにする。


近江大津宮

https://ja.wikipedia.org/wiki/近江大津宮

Photo_6

南東に位置するのが「エビノコ郭」である。
本体の飛鳥宮と比べて,いかに立派なものかがわかるだろう。
ここにふさわしいのは,白村江の戦いに敗れたとはいえ,
まだ日本の最高権力者だった九州王朝の天皇だったと考える。

Photo_7

東方官衙の中に四面庇の御殿が見えるだろうか。
これでも石敷舗装,五間門付きである。

Photo_8

ONラインによれば,700年前は近畿王朝自ら詔を出せなかっただろう。
それができるようになったのは,701年からだろうから,
それまでは九州王朝の天皇に出してもらっていたりのではないか。
そのためには,よく言えば「保護」,悪く言えば「拉致」をして,
「身体の自由」はなかったのではないかと考えている。

|

« 今日は「運動量」が多い予定 | トップページ | 『東アジアに開かれた古代王宮・難波宮』 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日は「運動量」が多い予定 | トップページ | 『東アジアに開かれた古代王宮・難波宮』 »