« 白石冬美さんの訃報 | トップページ | 「野良」も来るけど鳥も来る »

2019年3月31日 (日)

アタマがいいから間違える(板倉聖宣さん)

板倉聖宣著『発想法かるた』(仮説社)の中には,

自信をもって生きるための言葉がたくさん書かれているが,

皆さんにも紹介したいと思います。

上記の不思議な題名です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●頭がいいとは何か●

普通よく,「頭のいい人間は間違えないものだ」と考えられています。

しかし,それは,記憶した知識を吐き出したり,すでに経験していることを繰り返してやる場合に限ります。

いくら頭のいい人でも,未知の問題に出会ったときには間違って当たり前です。

問題によっては,「考え過ぎて間違える」ということだってあるのです。

「頭がいいから間違えるということもしばしばある」ということを知ったら,

失敗をそれほど恐れなくていいようになるでしょう。

それは「負け惜しみ」とは限らないのです。

(「〈なのに〉と言ったら〈だから〉」を参照のこと。前出)

« 白石冬美さんの訃報 | トップページ | 「野良」も来るけど鳥も来る »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

 人が間違えるのは当たり前の事。何も恥ずかしいことではない。
 考え過ぎると間違えることは多い。意外に最初の直観が的を得ていることが多いものでもある。
 問題は、多数ある情報のどれが、そのことの本質をとらえるのに大事な情報なのかを選ぶち力。これは経験を積まないと得られないこと。余計な余分な情報に気をとられえると、物事の本質を誤認する。
 考えるということは、一筋縄では行きません。
 でも考えることに慣れてくると、案外見えてくるものです。ここで働くのが直観。直観とは、まだ説明がうまくつかないけれど、さまざまな経験を背景にして、物事の本質らしきものをつかんだ瞬間です。直観を大事にして、それが正しいかどうか説明をつけられるかどうかを考えることですね。否定材料がなければ直観の結論で良い可能性が高い。
 今やっている遺跡の方位の問題では、遺跡群の建物配置の規則性を見つけられるかどうかが鍵です。規則性を見つけられればあとは中心建物がどれか。この二つさえわかれば、方位はおのずから出てきます。
 問題は規則性が見つけられないとき。遺跡が部分的過ぎると規則性が判断できない。またすでに規則性が無くなっている場合もある。たとえば元は官衙で規則的に建物が並んでいたのに、国家の力が弱って官衙が廃絶して集落になったりすると規則性はなくなる。
 経験を積むしかありません。

肥さんへ

「頭がいいから間違えるということもしばしばある」が真の命題であり、
「頭がわるいから間違えるということもしばしばある」も真の命題であるならば(二つとも真の命題だと仮定しました)、
「(頭がいいから)、または、(頭がわるいから)間違えることもしばしばある」も真の命題です。
すなわち「頭がよくてもわるくても、間違えることがしばしばある」も真な命題なので、
これは人間について言っている命題ですから、排中律を取り除けますので、次のことと同値です。
「人間は間違えることも(が)しばしばある。」(頭がよい悪いには無関係にしばしば間違える)という命題も(が)真ということです。
板倉聖宣さんは上記の命題を巧みに言い換えた(一部を取り出した)わけですね。
人は表現方法によって受け取り方が左右されることを巧みに使っています(流石、板倉聖宣さんです)。
これは感想です。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 問題は規則性が見つけられないとき。遺跡が部分的過ぎると規則性が判断できない。
またすでに規則性が無くなっている場合もある。
たとえば元は官衙で規則的に建物が並んでいたのに、
国家の力が弱って官衙が廃絶して集落になったりすると規則性はなくなる。
 経験を積むしかありません。

そうですね。今後ともよろしくお願いいたします。 

山田さんへ
コメントありがとうございます。

〉 板倉聖宣さんは上記の命題を巧みに言い換えた(一部を取り出した)わけですね。
人は表現方法によって受け取り方が左右されることを巧みに使っています(流石、板倉聖宣さんです)。

仮説実験授業が多くの人に好かれるのは,
板倉さんのこのような言葉が生かされる授業だからなんです。
優等生も劣等生も科学の前には平等が保障されている。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白石冬美さんの訃報 | トップページ | 「野良」も来るけど鳥も来る »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ