« 『古代日本の発明発見物語』 | トップページ | 楽天がオリックスに大敗 »

郡山遺跡を「方位の考古学」で見てみる

東偏だけ探していた時期から,
さらに東偏→正方位→近畿王朝の正方位とい
「方位の考古学」にバージョンアップしてきた。

前に扱った郡山遺跡(宮城県仙台市)は,
「方位の考古学」で行けるだろうか。
ちょっとやってみよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

郡山蹄跡を例のデータベースで調べたところ,次のような図が出ていた。

Photo_7

さらに,ヤフー検索したところ,次の髄゛出ていた。

Photo_8

東偏と正方位(高さ3mのクリの材木列6000本。あるいは大溝まで)が九州王朝で,
大溝と外溝でバージョンアップしているのが近畿王朝だと思う。
(材木列があったので,2つの溝の間に築地塀は必要なかったかも))

|

« 『古代日本の発明発見物語』 | トップページ | 楽天がオリックスに大敗 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『古代日本の発明発見物語』 | トップページ | 楽天がオリックスに大敗 »