« ドナーソング | トップページ | 楽天が中日に惜敗 »

栃木県の〈官衙遺跡〉 3/23 ← 多元的「国分寺」研究サークルより

Img_1633
川瀬さんへ
多元的〈国分寺〉研究サークルの「下書き」→
「公開」の動きがまたよくわかりません。
なので,こちらに移動して載せました。
こちらにコメントをお願いします。
なお,これで栃木県の〈官衙遺跡〉はおしまいです。
次回は,集計を行います。。

|

« ドナーソング | トップページ | 楽天が中日に惜敗 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

1:北の内
 たしかに四面廂の建物の短辺の向きは西偏2度。しかし同じ時期にもほぼ正方位と見るべき建物が多数ある。したがってこの遺構は「ほぼ正方位」で良いのではないか。

2:砂部
 Ⅰ区遺構の掘立柱建物群はほぼ一つの方向を向いている。短辺・長辺の違いはあるが、ほぼ全体が北西方向(北に対して西偏15度くらい)を向いている。したがってこの建物群は全体として西偏と考える。

3:那須官衙
 東ブロックに大きな両面廂の建物。ここが官衙の中心か。廂の向きや他の建物の向きを考慮して東偏。南東ブロックにはほぼ正方位と思える建物が多い。

ブログの方式を変えられてしまうと、かえって使いずらいですね。

投稿: 川瀬 | 2019年3月23日 (土) 14:25

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

なんとか多元的「国分寺」研究サークルのサイトに戻れました。
そちらで再開します。

投稿: 肥さん | 2019年3月24日 (日) 05:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドナーソング | トップページ | 楽天が中日に惜敗 »