« 「駅家」の全文検索 | トップページ | ☆彡送受信できるようになりました☆彡 »

2019年3月18日 (月)

「屯倉」の全文検索の中に「駅馬」「駅」「駅家」&「駅鈴」「鈴」を入れてみたら

●・・・屯倉  〇・・・駅馬  △・・・駅  ▲・・・駅家  / □・・・鈴  ■・・・駅鈴

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神代一                                            □□
神代二                                            □□

神武                                             □□
綏靖                                             □□□
安寧
懿徳
孝昭
孝安
孝霊
孝元
開化
崇神                                             □
垂仁     ●●
景行・成務 ●
仲哀     ●
神功     ●                   △                  □□
応神
仁徳     ●●●                                   □□□
履中・反正 ●●                                     □□□□
允恭・安康
雄略                                             □□
清寧・顕宗・仁賢 ●●●●●●
武烈
継体     
安康・宣化 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●
欽明     ●●●●●●●●     〇  △                                          
敏達                                             □
用明                          △
崇峻
推古     ●                    △
舒明
皇極     ●●              〇
孝徳     ●●●●           〇〇 △△                □□□(「造鈴契」記事)
斉明                          △△△
天智                          △△△△△△△△
天武                       △△△△△△△△△△△ ▲▲▲   □□□□□□□□□ ■■■
持統

・……………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ 九州王朝の作った「駅」制度は,どこからか。また,近畿王朝はどこから変えたか。

※ 九州王朝の作った「駅鈴」は,どこからか。近畿王朝はどこから変えたか。(隠岐の駅鈴は刻みなし?)

※ 天武のところに,駅家▲と駅鈴■が集まっているが…。

« 「駅家」の全文検索 | トップページ | ☆彡送受信できるようになりました☆彡 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥さんへ
天武紀は「壬申の乱」記事によって必然的に駅と駅鈴が多数登場するので、
「壬申の乱」を除外した方が適正な分布が得られるのではないでしょうか?

天武紀に「駅家」と「駅鈴」が集まっている理由は、まさしく壬申の乱でこれらが重要な役割を果たしたからでしょうね。もともと速やかに全国からの情報を都に集めるための施設と制度。平時ならばそれほど活躍することもないでしょうが、初めての大規模な内乱です。駅を押えるということは、情報を遮断し、情報を独占するには大切だし、自分の情報を優先的に送るにも有効ですね。記事を精査してみれば、壬申の乱で駅家と駅鈴がどんな役割を果たしたかがわかると思います。

「駅」の初出が神功紀。ここは仲哀の征西と神功の東征の有った時期だから(つまり大規模な内乱が初めておきたところだから)駅制度が「活躍」したところじゃないかな。いや、記憶では神功が渡った韓国での出来事だったかもしれない。記事原文にあたって、どこでどのように出ていたか確認することが大事だね。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

せっかくの全文検索ですので,いろいろやってみます。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 駅を押えるということは、情報を遮断し、情報を独占するには大切だし、自分の情報を優先的に送るにも有効ですね。
記事を精査してみれば、壬申の乱で駅家と駅鈴がどんな役割を果たしたかがわかると思います。

駅は今でいえば,インターネットということですね。そこを遮断すれば勝負は目に見えています。

〉 「駅」の初出が神功紀。

1つだけこの記事が離れているようにも思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「駅家」の全文検索 | トップページ | ☆彡送受信できるようになりました☆彡 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ