« 鞠智城(熊本県)と「方位の考古学」 | トップページ | 日向ぼっこをする「野良」 »

2019年2月21日 (木)

府中研究会 2/20

昨日は,私のパソコンのことに時間を費やして,
本来の作業が後回しになってしまうかと思われたが,
そのせいもあって能率が逆に上がったかもしれない。

時間というのは,だらだらやっていれば「いくらあっても足りないが,
これしかないと切羽詰まると,案外あるもの」なのかもしれない。
でも,私たちはしょっちゅう「人生が有限であること」を忘れてしまいますが・・・。

新情報として,国分寺の北西方面の調査情報が川瀬さんからあった。
正方位はなく,後期武蔵国分寺の関連遺跡のようであるとのこと。

(1) 初期の正方位の国府寺・国府関連の遺跡・・・4中遺跡・北東方面遺跡・武蔵台遺跡
(2) 後期の西偏7度の国分寺関連の遺跡・・・4中遺跡・北東方面遺跡・北西関連遺跡・武蔵台遺跡

研究会後は,府中本町駅構内のコーヒー店で,
ケーキセットを食べながら懇親。

漢民族か他の民族かという意識が,中国を理解するのに役立つ。
漢音・呉音は漢民族。北朝(隋・唐)の唐音は北テキの言葉(なまり)等。

« 鞠智城(熊本県)と「方位の考古学」 | トップページ | 日向ぼっこをする「野良」 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鞠智城(熊本県)と「方位の考古学」 | トップページ | 日向ぼっこをする「野良」 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ