« 「駅」の全文検索 | トップページ | 「鈴」の全文検索 »

「駅鈴」の全文検索

ここまで来たら「駅鈴」です。

・・・・・「駅鈴」・・・・・1件(3個)・・・・・「やはりそうか」と思った・・・・・

▼日本書紀 巻第二十八 天武天皇紀上
臣志摩、于留守司高坂王而令乞驛鈴。因以、謂惠尺等曰「若不得鈴、廼志摩還而覆奏。惠尺、馳之往於近江、喚高市皇子・大津皇子逢於伊勢。」既而惠尺等至留守司、舉東宮之命乞驛鈴於高坂王。然不聽矣、時惠尺往近江。志摩乃還之復奏曰「不得....→ このページで合計3件ヒット

出てきたのは1件(3個)でした。
あの壬申の乱の印象的な場面のみです。
時は「ONライン」の前ですから,当然九州王朝の駅鈴でしょう。
やはり,九州王朝の時代から駅鈴はあった。
そして,それは王朝の証拠ゆえに隠された。
さらに,近畿王朝で初めて作ったかのように「刻み入り」の駅鈴を宣伝した。
「続日本紀」には,何回も駅鈴の話が出てきますからね。

|

« 「駅」の全文検索 | トップページ | 「鈴」の全文検索 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

 現存する唯一の駅鈴と言われる隠岐の島の駅鈴(重文)去年見てきました。
昔の20円ハガキのデザインにもなってました。
往復はがきの漢字は、往信が<駅>返信が<鈴>でした。

投稿: 北活 | 2019年2月 9日 (土) 21:00

北活さんへ
コメントありがとうございます。

隠岐はまだ行ったことがなく,一度行ってみたいと思っています。
この駅鈴と古代遺跡を組み合わせて。
あと,出雲にも行っておきたいですね。
寝台列車「出雲」で以前は行きましたが・・・。

調べたら,「サンライズ出雲」というのが出ていますね。
https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1607/

投稿: 肥さん | 2019年2月10日 (日) 06:51

はじめまして。
いつも楽しみに拝見させてもらっています。
駅鈴に関してですが、岐阜県の南宮大社にある駅鈴のことはご存じでしょうか? 大和朝廷時代のものかと思いますが、皆さんあまり触れられてないようなので……。

投稿: 朱儒国民 | 2019年2月11日 (月) 18:02

朱儒国民さんへ
コメントありがとうございます。

〉 駅鈴に関してですが、岐阜県の南宮大社にある駅鈴のことはご存じでしょうか? 大和朝廷時代のものかと思いますが、皆さんあまり触れられてないようなので……。

1年半くらい前の「夢ブログ」で,一度南宮大社のことを取り上げたことがあります。
何か新知見があったら,ぜひお知らせ下さい。

家宝「金属器レプリカ群」

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2017/11/post-b509.html

投稿: 肥さん | 2019年2月11日 (月) 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「駅」の全文検索 | トップページ | 「鈴」の全文検索 »