« 他の京の「エビノコ郭」のようなもの | トップページ | 二種類の金合金が使われている理由(山田さん) »

2019年2月14日 (木)

月の満ち欠けと「上弦」「下弦」

コメントで「上弦」の意味を聞かれたが,
私もはっきりわからないので,
いくつか検索してみた。

月の満ち欠け

http://www.geocities.jp/mishimagoyomi/mitikake/mitikake.htm

板倉さんの『望遠鏡で見た星空の大発見』

Img_0352

弦月

https://ja.wikipedia.org/wiki/弦月

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翔空さん.山田さん.川瀬さんへ
いろいろコメントいただきありがとうございます。

今はこう考えています。

【旧暦の月の前半・・・上弦の月】 新月から満月まで(太っていくやつ・狭義では半月のこと)

【旧暦の月の後半・・・下弦の月】 満月から新月まで(やせていくやつ・狭義では逆の半月のこと)

ある意味.その一番極端な形である半月の区別で,の方の半月を上弦.
その反対の形を下弦の月という。(どちらも月齢からいうと,ほんの一瞬のことかもしれません)

なので,川瀬さんからご指摘があった「半月の直前の月」は確かに「半月」ではないのですが,
本気で「半月」を撮るためには,長い時間の待機と風邪をひかないための周到な準備が必要です。
私はそれには耐えられないので,今度から正確に.少々長い題名になりますが,
「あと3時間38分後にぴったり半月になる予定の月」と書くことにしますね。(o^-^o)

« 他の京の「エビノコ郭」のようなもの | トップページ | 二種類の金合金が使われている理由(山田さん) »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ
 私の勘違いです。
 上弦の月=月が新月から満月に満ちていく過程の半月。
 下弦の月=月が満月から新月に欠けていく過程の半月。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 他の京の「エビノコ郭」のようなもの | トップページ | 二種類の金合金が使われている理由(山田さん) »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ