« 木星について | トップページ | 息子の手料理 2/19 »

2019年2月19日 (火)

越と出雲の歴史は,「神代」に封印

河村日下著『記紀神話の真実』(ミネルヴァ書房)の読書が続いているが,
昨日まで読んだところの話を紹介しよう。今「国譲り」まで来た。

・日本書紀では,越と出雲の話題は「神代」にまとめられ,不問にされている。
・基本的には,近畿に都合の合う話(九州王朝も同じ)だけを取り入れている。
・由来のはっきりしない荒神は越の関係か。
・出雲風土記に描かれている「防衛体制」は,いつ頃からのものか。
・漢文風読み下し法では,歴史の真実はわからない。原文で読む。
(河村さんの場合は,「当該漢字第一音採用法」で読み解いていく)

それにしても,蛇に関する古語が多いこと。
やはり蛇の持つ力は,古代人に相当強烈に焼き付いていたらしい。

« 木星について | トップページ | 息子の手料理 2/19 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 木星について | トップページ | 息子の手料理 2/19 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ