« 『たのしい跳び箱運動への道』 | トップページ | 多元的古代の街〈府中〉〈国分寺〉を歩く »

2019年1月 6日 (日)

昨日の大国魂神社周辺は・・・

昨日は,軽い下見をしてきた。
本日のフィールドワークのためである。
20名ほどを引き連れながら,どのように廻るか。
大国魂神社は,初詣の人々でごった返していました。

Dscn4732

Dscn4733

武藏国衙跡(実は,多磨郡衙跡。よく案内版を見ると,東偏建物も出ていた)

Dscn4734

Dscn4736

ここで,正方位(南北軸)が終わり,東偏(写真では右に曲がる)の街となる

Dscn4735


« 『たのしい跳び箱運動への道』 | トップページ | 多元的古代の街〈府中〉〈国分寺〉を歩く »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『たのしい跳び箱運動への道』 | トップページ | 多元的古代の街〈府中〉〈国分寺〉を歩く »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ