« 昔の人の知恵と今の人の知恵 | トップページ | 「10連休法案」成立 »

2018年12月 8日 (土)

旧暦はいつから?(工事中)

新暦に変わったのは,明治初期である。
これは歴史の教科書に出ている。
では,旧暦を採用したのは,いつからか?
(転んでもただでは起きない肥さんの疑問)

毎年神無月(出雲では神在月)に出雲に集まった神々(各地の豪族)が
分けてもらったのが,暦かもしれない。
すると,それを出雲にもたらしたのは中国なのか?
それは,太陽暦ではなく太陰暦だったような気がする。

そして,九州王朝にも月読神というのがいたらしいので,
やはり太陰暦ではないか。

そうすると,出雲王朝・九州王朝は弥生時代にも遡ると思われるので,
その頃中国からもたらされた暦なのか。


ツクヨミ

https://ja.wikipedia.org/wiki/ツクヨミ

月読神社

http://www.tsukiyomijinja.com/yuisyo.html

暦WiKi

https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/CEF2BBCB2FC6FCCBDCA4CECEF12F1.CEF1A4CEC5C1CDE8A4ABA4E9C0EBCCC0CEF1A4DEA4C7.html

暦の伝来 †

わが国に暦が伝来したのは6世紀から7世紀はじめごろといわれます。
しかし、いずれも記録は断片的で、暦の伝来や使用開始については諸説があります。

欽明天皇十四年(553) 6月、百済に医博士・易博士・暦博士こよみのはかせ等の交代や
暦本こよみのためしの送付を依頼 (日本書紀巻19)
日本書紀に暦の文字が初めて登場。

欽明天皇十五年 2月、求めに応じて百済から暦博士 固徳王保孫らが来日 (日本書紀巻19)

推古天皇十年(602) 10月、百済の僧観勒かんろくが来日、暦本などを献上。
陽胡やこの玉陳たまふるが暦法を、大友村主おおとものすくり高聡こうそうが天文・遁甲とんこうを習う
(日本書紀巻22)

推古天皇十二年 正月、始用暦日 (国文学研究資料館「政事要略」 )

持統天皇元年 正月、頒暦諸司 (国文学研究資料館「政事要略」 )

奈良石神遺跡で持統天皇三年の具中暦木簡が出土 (奈良文化研究所 )

持統天皇四年(690) 11月、勅を奉りて始めて元嘉暦と儀鳳暦を行う (日本書紀巻30)

内田*1によれば、この併用期間は月朔には基本的に元嘉暦を、持統天皇五年から始まった食の予報には儀鳳暦を用いたと考えられます。
元嘉暦は平朔、儀鳳暦は定朔という違いがあり、しばらく両者を比べる必要があったのでしょう。
なお、文武元年(697)8月朔=文武天皇の即位は日本書紀と続日本紀の境目にあたりますが、日本書紀では乙丑と元嘉暦で、続日本紀では甲子と儀鳳暦で書かれています。この通りに年の途中で暦が変更されたかどうかは不明ですが、以後は儀鳳暦のみが使われるようになりました。

古墳時代の刀や鏡に日付の刻まれたものがあります。
群馬県蟹沢古墳の三角縁四神四獣鏡 (国立博物館 )
石上神宮の七支刀 (石上神宮 )
埼玉県稲荷山古墳の金錯銘鉄剣 (埼玉県立さきたま史跡の博物館 )
江田船山古墳の銀象嵌銘大刀 (国立博物館 )
福岡市西区元岡G6号墳の紀年銘入象嵌大刀 (福岡市 )

天武天皇三年(674) 春正月庚戌 占星台が設置されました。

1          500          1000          1500          2000

             ☽ ☽ ☽ ☽ ☽ ☽ ☽ ☽ ☽ ☽ ☽ ☽ ☽ ☽ ☽ ☀ ☀

とりあえず,6世紀に暦が伝わったとしても,これだけ長い間太陰暦が続き,
そのおしまいの100数十年だけが太陽暦という訳だ。
太陰暦の歴史の長いこと!

« 昔の人の知恵と今の人の知恵 | トップページ | 「10連休法案」成立 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

甲申、奉勅始行元嘉曆與儀鳳曆

なんで2つの異なる暦法を併用したんだろう、といろいろ考えさせられる問題ですね。
私なんかは「優れているのは明らかに定朔の儀鳳暦なのに、なんで元嘉暦と並用したんだろう」とずっと疑問でした。
(平朔の元嘉暦をそのまま運用すると、新月の朔日に旧月晦日の月が出てしまう可能性がある)
明治のグレゴリオ暦の採用の際も、国民の間では混乱や戸惑いがあり、新暦と旧暦を併記した暦が作られたということもあったらしいので、やはり「新暦(儀鳳暦)」採用に対する旧暦(元嘉暦)」派の反発なんかもあったのかなぁ、などと想像してしまいます。
我々は九州王朝説支持の立場からの視点で解釈するわけですから、そう単純に「併用」で済ませられる問題では無いと考えるべきなんでしょうね。

うーん、異なる暦法の併用かぁ・・・
・・・例の出雲国風土記完成に関する日付も、本当はやっぱり川瀬さんの「暦法の違い」が正しいのかもなぁ・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昔の人の知恵と今の人の知恵 | トップページ | 「10連休法案」成立 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ