« 仮説実験授業研究会と古田史学の2つの会合(2) | トップページ | 仮説社の広告 »

2018年12月24日 (月)

たのしく生き続けるために「板倉式発想法」を学ぶ会

昨日,明星大学にて,たのしく生き続けるために「板倉式発想法」を学ぶ会が行われた。
昨年2月に亡くなった板倉聖宣氏の発想法から学ぶという形の会(10時~17時)である。
45人参加予定のところに67人が参加して,会場は超満員だった。
内容は,3人の方々の講演とディスカッションであった。

(1) 竹内さん・・・前仮説社社長・仮説実験授業研究会代表代行①

Dscn4606

(2) 犬塚さん①・・・仮説実験授業研究会事務局長・ルネサンス高校校長。仮説社からも著作あり

Dscn4607

【昼食】

(3) 小原さん・・・元中学理科教諭。明星大準教授。仮説実験授業の実践をもとに,多数の著書を書く

Dscn4608

(4) 竹内さん②

(5) 犬塚さん②

(6) パネルディスカッション(3人への質問ほか)

Dscn4609

たのしい会だった。今後も仮説実験授業研究会は続いていくだろう。
確実な授業書としなやかな板倉式発想法とを財産にしながら・・・。
これまでの堀江さんの「年末の会」(横浜)が終わったというとで,
この年末の「板倉式発想法」を学ぶ会は3年くらい続くそうだ。
(おそらく,2020年の小原さんの70歳定年まで)

Dscn4611


« 仮説実験授業研究会と古田史学の2つの会合(2) | トップページ | 仮説社の広告 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仮説実験授業研究会と古田史学の2つの会合(2) | トップページ | 仮説社の広告 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ