« 徳川家の末裔95歳で作家になった女の一生~徳川おてんば姫の息子が語る母の姿 | トップページ | 息子の手料理 12/13 »

2018年12月13日 (木)

どうして近畿天皇家は九州王朝が使っていた元嘉暦という中国南朝の暦を使わずに、  それ以前の古い暦を使っていたのか?(川瀬さん)

コメントとして書かれた川瀬さんの仮説。
とても素晴らしいと思ったので,別項として取り上げさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(川瀬さん)

出雲風土記の2月30日問題に発する暦の問題。
二つの王朝の異なる暦の併存問題もさることながら、
私は近畿天皇家が四文暦というとても古い暦を使っていたことの方が興味があります。

 どうして近畿天皇家は九州王朝が使っていた元嘉暦という中国南朝の暦を使わずに、
それ以前の古い暦を使っていたのか。
 もしかしたらこれは7世紀に推古朝になったときに
九州王朝が隋との対抗関係を選択したことに対する独自外交路線を選択したことや、
建物や街の方位を九州王朝の東偏から磁石にそった西偏に変えたことと軌を一にするのではないのか。
 つまり近畿天皇家が隋との対抗に走っていく九州王朝から独自路線をとるという選択をしたとき、
暦もそして建物の方位も、より古い時代の物に戻すという選択をしたということなのではないか。
 こういう疑問が湧いてくるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この仮説は,いろいろな疑問(以前の古い暦の使用,東偏の建物や街の方位を元に戻す)を
見事に解明するものだと思います。いかがでしょうか?

« 徳川家の末裔95歳で作家になった女の一生~徳川おてんば姫の息子が語る母の姿 | トップページ | 息子の手料理 12/13 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 徳川家の末裔95歳で作家になった女の一生~徳川おてんば姫の息子が語る母の姿 | トップページ | 息子の手料理 12/13 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ