« 倭国の暦法と時刻制度(増田修さん) | トップページ | 2019東日本たのしい授業フェスティバル »

2018年12月12日 (水)

課税課の人が来る

昨日市役所の課税課の人が来た。
課税課というのは,こういう仕事をするのだそうだ。

課税課

https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/shisei/soshiki/shimin/kazei/index0.html

設計図を18枚持って行った。
これをもとに固定資産税をはじき出すらしい。

1~3月は我が家には家賃が入らないシステム(4月から入る)の中で,
5月には新々アパートの最初の固定資産税が掛かるという。
なんともやるせない年の瀬の冷たい雨だ。


« 倭国の暦法と時刻制度(増田修さん) | トップページ | 2019東日本たのしい授業フェスティバル »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

固定資産税とは一体なんなんだ?
市役所から不動産を借りてるわけでもないのに
何で、市役所に、所場代払わないといけないの?
不動産が有ると国民健康保険税も高くなるのよ…
だから…離騒庵を売却することにしたのよ…
役所はやくざか?

離騒庵さんへ
コメントありがとうございます。

〉 役所はやくざか?

やくざかどうかわかりませんが,
4月にやっと入る最初の家賃(1~3月分は入らない)の
翌月からさっそく納めることになるので,「無慈悲~」とは感じます。
だってこの新々アパートを建設するためにお金を銀行から借りる努力をしたり,
裏の土地が河川敷指定のため(そういえば,それを決めたのも市役所)その買い上げをしたり,
いろいろなことをして,ようやく初収入というのが4月なのですから・・・。
「完工から1年くらい待てないのかよ」という気持ちで一杯です。
もちろん法律に則ってやっているのはわかりますが,やり切れない思いがします。(。>0<。)

建設会社と営業が、悪いのよ、年明けの引き渡しだったら
2018年の固定資産税は課税されなかったのにねえ…
建設会社も営業今年のカネにしたかったのでしょう…

離騒庵さんへ
コメントありがとうございます。

今回は勉強になりました。
1~12月がサイクルということを知りませんでした。
せっかくアドバイスしていただきましたが,残念でした。
仕事は4月に始まり3月に終わると思っていたのですね。
それを36年やってきた訳です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 倭国の暦法と時刻制度(増田修さん) | トップページ | 2019東日本たのしい授業フェスティバル »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ