« どこから来た「評木簡」か(大雑把です) | トップページ | 太宰府と難波京から出土している全ての木簡 »

2018年12月31日 (月)

コレステロールの分子模型

仮説の研究会の高校理科の先生である田中さんが,
コレステロールの分子模型を作って見せてくれました。
皆さんも見たいと思うので,リンクしました。

コレステロールの分子模型

http://scilla.la.coocan.jp/bunsi/cholesterol/cholesterol.html

仮説実験授業のたのしさ・わかりやすさの源は,もちろん授業書にあるのですが,
それを支えるように現れた分子模型は,私たちの大きな「武器」です。
(ダイオキシンの問題でも,分子模型は授業で大活躍してくれました)
小さすぎて目に見えないものを見える形にする道具であり,
それと同様に透明で見えない世界経済を見える形にするGDPボックスは,
社会の科学を研究する私たちがもっともっと活用していくべき「武器」なのではないかと
同時に思いました。

« どこから来た「評木簡」か(大雑把です) | トップページ | 太宰府と難波京から出土している全ての木簡 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« どこから来た「評木簡」か(大雑把です) | トップページ | 太宰府と難波京から出土している全ての木簡 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ