« ぼくらのゆめ(いきものがかり) | トップページ | これまでの調査から(川瀬さん) »

2018年12月21日 (金)

38年ぶりに「オリケン先生」との再会

もう何回も書いているが,私が教育実習の時お世話になった
「オリケン先生」と38年ぶりに再会を果たした。
例の酒処「まこ」でのことである。

Dscn4582

午後5時過ぎ,少々滞っていた「夢ブログ」の関連記事を持って入店。
もっと早く来店されていたお客さん(なんと,同い年生まれということが判明!)と
話しながら時間を過ごす。
今もバンドをやっているそうで,「愛の世代ズ」も出演した「立川の音楽フェスティバル」で,
トリを務めたということだから,その実力がわかろうというものだ。

さて,「オリケン先生」との再会は,午後6時過ぎということになった。
長身のお客さんがドアを開けて入ってきたなと思ったら,
それが「オリケン先生」であった。
どちらも38年の歳月を経て,「昔のまま」という訳にはいかなかったが,
私が当時の写真や実習日誌,『日本歴史入門』や『たのしい授業』誌,
ガリ本『肥さんのこの10年~50代の仕事』などをもとにお話しして,
思い出していただけるよう努めた。
また,3つの手品も披露して,楽しんでいただいた。

途中で,若手のお客さんの登場(アルバムのコピー持参)もあり,
私(教育実習の担当教官として),ママ(中3で担任として),
若手のお客さん(校長先生として),ママの息子さん・娘さん(別な学校の校長先生として)と,
本当に「オリケン先生」を囲む会となった。
ママも当時の生徒や先生の話をたくさんしてくれて,
「オリケン先生」の対応の姿を浮かび上がらせてくれた。

その他のエピソード。

(1) 教育実習の個人的なまとめとして,一人一人へのメッセージ集を作ったのだが,
その中でA君という気になる生徒がいて,そのことがずっと頭から離れなかったとお話しした。

(2) 担任した場面緘黙の女生徒がいたが,「オリケン先生」の授業だけは発表していて,
同僚の先生から不思議がられていたこと。わかるわかる。(o^-^o)

(3) 例の東日本大震災で,大きな被害を出した大川小学校に私は訪問したが,
「オリケン先生」も行かれていた。やはり素晴らしい先生だな。

何はともあれ,相手の話をまず聞くという姿勢は,「オリケン先生」が多くの人から
親しまれ信頼されている所以だろう。それを今回も再確認した。
「悪い人」として生まれてきた人なんて一人もいない。
その人が「悪いこと」をするには,それなりの理由があるのだ。
この性善説的感性は,やはり教員の資質として絶対必要なものではないかな?

ちょっと飲み始めが早かった私は,午後10時にはうつらうつらしてしまったが,
また酒処「まこ」で,再会できることを楽しみにしています。
新秋津駅前でお別れする時に,「今までずっと頑張ってきてくれて,ありがとう!」
という言葉と共に握手していただき,38年ぶりの再会を終えた。
こちらこそ,ありがとうございました。m●m

ママのFacebookより

https://www.facebook.com/haru.coco.999/photos/pb.310727782834052.-2207520000.1545335474./367670753806421/?type=3&theater

« ぼくらのゆめ(いきものがかり) | トップページ | これまでの調査から(川瀬さん) »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくらのゆめ(いきものがかり) | トップページ | これまでの調査から(川瀬さん) »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ