« グリーンツアー 11/7(含む・保渡田古墳群) | トップページ | 三ツ寺Ⅰ遺跡の豪族館の方位 »

2018年11月 8日 (木)

大阪府の官衙遺跡 11/8

(1) 南花田(8世紀初~8世紀前半)・・・西偏

Photo_13

(2) 太井・・・東偏

Photo_6

(3) 丹上(7世紀後半~9世紀)・・・ほぼ正方位。一部西偏

Photo_7

(4) 平尾(7世紀中葉~720年代廃絶)・・・西偏と正方位

Photo_8

(5) 山直北・・・正方位だが一部西偏残す

Photo_9

(6) 本町(奈良時代後期。弥生~平安の複合遺跡)・・・西偏と正方位

Photo_10

(7) 梶原南(弥生時代・奈良時代~中世)・・・東偏と西偏

Photo_11

« グリーンツアー 11/7(含む・保渡田古墳群) | トップページ | 三ツ寺Ⅰ遺跡の豪族館の方位 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

なぜ夢ブログに官衙遺構考察編があるのかな?

(1) 南花田
西偏との判断基準は?
正方位と思われる物がある(SB06)。そしてSB04は廂付建物と思われる。報告書は「東廂か」とあるが、東西の両面廂の可能性もあると思う。むしろ廂は西側か。
 したがってこの遺跡複数の時期の建物が混在している。おそらく西偏⇒正方位。

(2) 太井
 図に方位記号がないが、建物データでSB02があるが、東偏40度で建物の向きが斜めとある。
 このことから図の方位はYが南北Xが東西を示しているので東偏。建物の年代が「年代 6世紀後半~7世紀前半 」とあることに符合している。

(7) 梶原南
 傾きは西とも東とも判断しずらい。
 掘立柱建物を囲む柵列は、建物の北側と東西に集中している。
 建物3を囲む柵との空間が、東側の柵との間が広いので、東側が正面か?
 とすると西偏の建物群。

他は肥沼さんの判断で正しいと思います。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

本日叔父さんのお葬式があり,
バタバタしていたら,前の習慣で
こちらに書いてしまいました。

移動しようと思いましたが,
両者は方法が違うのでそのままにします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« グリーンツアー 11/7(含む・保渡田古墳群) | トップページ | 三ツ寺Ⅰ遺跡の豪族館の方位 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ