« ここに「幸ママ」あり | トップページ | グリーンツアー 11/7(含む・保渡田古墳群) »

2018年11月 7日 (水)

最近の私の周りの本たち

私の周りには本があふれているが,
最近のものを5冊まとめて紹介しよう。

(1) ガリ本『三河湾大会の記録』

8月初旬に2泊3日で仮説の夏の大会に参加したが,
もうその記録が出来てきた。
それもそのはず,愛知県は仮説のメッカなのである。
中心的なメンバーの中には,板倉さん亡き後の研究会のことを
心配する方も少なからずいらっしゃった。
全部で276ページのガリ本には,
たのしかった3日間の報告や感想で詰まっていた。

(2) 『昔ことばで語る 東村山昔話百話』

東村山で活動する「東村山昔話保存会」(会長・両澤清さん)の作られた本。
百話で2000円ということで,割り算すると1話20円と格安。
大昔の話から小昔の話までバラエティーに富んでいる。

(3) 瀧音能之著『伊勢神宮と出雲大社』(青春出版社)

出雲大社の行事について,山田さんから教えていただいた内容が
この本に出ているらしい。こういうのは教わらないとなかなか見つからない。

(4) 河内春人著『倭の五王~王位継承と五世紀の東アジア』(中公新書)

最近何かの賞を取ったようだが,私は今やっている研究との関連で。
何か学べるところがあるかもしれないと思って。

(5) 若狭徹著『古墳時代の地域社会復元~三ツ寺Ⅰ遺跡』(新泉社)

例の「遺跡を学ぶ」の1冊。実は本日西武バスのグリーンツアーで,
群馬県の保渡田古墳に行く。その地にはイタリアのポンペイに似て,
榛名山の大噴火で灰の下に埋もれてしまった5世紀の村が保存された。
その報告である。興味深いなあ。

Dscn4114


« ここに「幸ママ」あり | トップページ | グリーンツアー 11/7(含む・保渡田古墳群) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ここに「幸ママ」あり | トップページ | グリーンツアー 11/7(含む・保渡田古墳群) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ